ゼロベース思考を活用して自分の現状を理解する

自分の仕事や人生をより良く変えたいと思うのであれば、現在地を知る必要があります。目標を決めてどこに向かうかに対して取り組むよりも、まず先に深く理解しておくべきことはゼロベースに立って自分の現状について理解することです。

ゼロベース思考でまずは現在地を知る

ゼロベースというのは、基本となるライン、フラットな状態のことです。このゼロベースは人それぞれ違いますが、自分にとってのゼロベースが分からなければ、どこから取組むのが最もレバレッジ-最小の努力で最大の効果を得ること-が効くのか、はたまた、何にフォーカスすべきかが分かりません。

この重大なチェックを怠り、あいまいで不確かな足元から出発してしまうと、努力のポイントを間違えてしまい思うような成果にたどり着けません。そこで、まず集中して取組むべきポイントを見つけるためにも、ゼロベースを知り、その地点―現在地―を適切に理解しようとするのがゼロベース思考です。

ゼロベース思考の具体的な方法

ゼロベース思考を行うためには、具体的な点検をする為のいくつかの質問を自分に対して行うだけです。また、質問に対する答えは出来るだけ書き出すことが大切です。人間の脳は「書く」というアウトプットの作業を行うことで、思考が整理され、次の発想を刺激するからです。また、書いたものは後から読み返したり、眺めたり、修正したり出来ます。

誰に見せるわけでもない、自分のためのゼロベース思考ですので、こういう答えが正解というものはありません。質問に対して答えることで、自分に何が足りていて何が足りていないのか、何を学ぶべきか、何を変化させるべきか、全ての一歩が始まるためのものがゼロベース思考です。

ゼロベース思考を行う際のポイント

ポイントとして、出来うる限り、感情を隅においておき、素直に考えることです。乗りたくない体重計に乗らない限りダイエットは始まらないのと同様に、言い訳をしながら塗り固めた解答は何の役にも立たないからです。ゼロベース思考のための質問はいろいろありますが、簡単なものを三つ程。

  1. 今から記憶はそのままで生まれ変わるとしたら、もう一度今と同じことをやるか?変更するとしたらどのように?
  2. 大震災が起こってあらゆるものが灰となったら何をどのように始めるか?
  3. 問題を奇跡的に解決する魔法が使えるとしたら、どの問題を真っ先に解決するか?

ゼロベース思考で自分の現状を理解する(おわりに)

ゼロベース思考を活用すると、自分の仕事や人生をよりよく変えるためのチェックが出来ます。それにはまず自分の現状を知る必要がありますが、こうしたセルフチェックは自分の仕事や人生の中で様々な場面で役立ちます。