仕事のやりがいと自分の人生

仕事にやりがいがあると、人生は比例して充実したものになるようです。一方仕事にやりがいが持てない、仕事がただ辛いものでしかなければ、何のために生きているのか分からなくなってしまうことさえあるのが現代の仕事のあり方です。

仕事のやりがいは自分の人生に関わる

仕事にやりがいが持てず、人生がつまらないと感じ、死んでしまう人さえいる今の世の中ではどのように仕事を捉え、どのような仕事に従事するのかは比較的人生においてウエイトの大きなものになっています。

どんな仕事でもやりがいが持てるなどというのは幻想で、やはり仕事にはやりがいが持てる仕事とやりがいなど持てない仕事があります。仕事に貴賤はないなどと昔の言葉では言われますが、こと、現代においては仕事には貴賤があります。

倫理や道徳を無視し、ただ経済的利益だけを求めるような仕事にはやりがいを感じることが難しいことでしょう。そんな時、意地でもその仕事の中にやりがいを見つけようとしても、それは結局自己肯定を無理やりすることに他なりませんので、後々ジレンマに苦しむことになります。

自分がどのような仕事を選ぶかは自分で決めることですし、今の時代、インターネットに限らず副業というスタイルや転職という道だってあります。仕事にやりがいを持てるかどうかは自分の考え方一つというのは誰もが言うことですが、その前にその仕事が自分にとってどのように人生に貢献しているのか考えるのがやはり先なのではないでしょうか。

仕事にやりがいがあれば自分も成長する

仕事にやりがいがあると、当然、仕事は楽しいものになり、人生も日々の生活も充実します。その反対に、仕事にやりがいが見いだせなければ、毎日という日常が苦しく困難なものにしかなりません。

多くの人は小さな世界の中でだけ仕事を選び、出来ることをやる、やりたいことをやる、ということがなかなか選択肢としてない場合があります。それでも仕事にやりがいを持てるということは、自分をも成長させ、人生の大部分で何をなすべきか教えてくれることが多々あります。

仕事にやりがいを持てないから仕事に対して見方を変えてみるのも一つですが、その仕事が社会という自分の関わる世界においてどのような意味があり、どのように意義があり、どのように自分と世界が関わっているのか考えてみるのも、仕事にやりがいを持てるかどうかの第一歩です。

やりがいの持てない仕事を淡々とこなす人生も一つ。やりがいの持てる仕事を探し、それにまい進するのも一つ。現在の仕事をやりがいの持てる形に変化させるのも一つ。いずれにせよ、仕事にやりがいがある程自分の人生は積み重なって昇華されていきます。

仕事におけるやりがいとは、自分がどこまで責任を引き受けられ、どこまで世の中に貢献しているかを考えられ、信じられるかどうかです。仕事にやりがいを持てるよう、自分を変えるか、環境を変え、変化に臆さない勇気も必要となります。もし、仕事にやりがいが持てないなら、仕事にやりがいを持つために何が必要でしょうか?