仕事が人生を方向付ける

仕事というのは人それぞれ内容は違えど、自分の人生の大きな時間を占めるものです。そのため、仕事に対してどのように向き合うか、どのように仕事をするかというのは、人生の方向付けに大きく関わってきます。

自分の人生を浪費しているように感じる時

日々、淡々と仕事をこなしていれば人生は淡々と過ごせる穏やかなものになるかもしれませんし、イケイケで仕事をしていればその間の人生はそれなりに充実したり、波乱万丈になったりもします。一概にどの人生が良い人生かは最終的に自分が感じ、決めるものですが、仕事が人生を方向付け、その仕事の中で何を見出していくかにはやはり個人差があるようです。

やりたくもない仕事を嫌々やり続けていれば人生においてもやはり、生きてる心地のしないものなのかもしれません。しかし、仕事の中で少なくとも自分なりの哲学が見つけられるような向き合い方をしていれば、人生の方も後からついてくるようです。

人生でも仕事でも継続していると気づくことがある

それ程仕事というのは生きていく上で大きな存在ですが、仕事を単なる生活するため、お金を稼ぐため、とだけ割り切るのと、自分に何かしらの価値を与えるもの、と捉えるのとではやはり歩んでいく生涯の方向性は変わってきます。

人生でも仕事でも、継続していれば様々な問題や喜び、挫折、といったものが存在します。そうしたイベントを一つ一つこなしていくことで、やはり自分という人間の立脚している意味を感じられたり、仕事の行く末、人生の行く末の何かしらを垣間見ることが出来るかもしれません。

仕事を通して何を見つけるか、あるいは仕事の中で何を見出せるかというのは、やはり、仕事というものがどれだけ自分の人生の中でウエイトを占めているものなのかを自覚することから始まるようです。

自分の人生に影響を及ぼす仕事と向き合ってみる

副業にせよ、本業にせよ、仕事とはそれだけその後の自分の人生を方向付ける存在です。そのため、仕事が一体何を自分に影響を及ぼしているのか、何を自分に与えてくれているのかを考えることで、人生全体以前に、仕事そのものの、在り方も変わってくることでしょう。

僕らが生きていく上で、仕事はしなければならないものの一つですが、仕事が自分を作り、その継続に人生があることも忘れてはいけないことのようです。自分の仕事が自分の人生をどう方向付けているか意識していますか?