外部ブログでなかなかネット集客出来ない理由

外部ブログサービスを利用すると誰でも簡単、お手軽にブログをはじめることが出来ます。インターネットでビジネスを行う人にとっては、ネット集客は重要な課題ですので、その成功へ誰もが努力します。ところがなかなかネット集客の問題は解決されません。なぜでしょう。

外部ブログサービスはあまりSEO対策に貢献しない

既に外部ブログサービスを利用し、ブログをやっている人も多いと思いますが、メインサイト―例えば独自の会社ホームページやECショップ―へのネット集客を外部ブログで行って、「ネットショップとブログのシナジー効果とは?」のようなことをやりたい人は多くいます。しかし、ここで言っている外部ブログは、独自の外部ブログですので、外部ブログサービスではありません。

実際のところ、外部ブログサービスを活用してもSEO対策にはほとんど貢献しません。その外部ブログサービスのサービス全体にSEO対策として貢献しても、テナントのように、中にあるブログ単体ではほとんどSEO効果が見込めないからです。

したがって、外部ブログサービス側はブログをたくさんの人が作成してくれればサービス全体のSEO対策の底上げにはなりますが、中でブログを使う利用者としては、なかなかSEOをどうこうしようとすること自体が難しいのです。

ブログサービスの中にあるブログの特徴

より具体的に言えば、トップへのリンクは、外部ブログサービスへのトップになっているのが通常です。また、ドメインもサブディレクトリかサブドメインで、SEO上のパワーを蓄積できない仕組みになっています。

したがって、外部でブログを行って別のメインサイトへネット集客、SEOを行いたければ、独自ドメインで独自ブログをきっちりやっていくほうが遠回りのようで結局のところ近道になります。

参照:独自ドメインが必要な理由とは?

外部ブログサービスの良い点

特別どこの外部ブログサービスが良いなどということはありませんが、広告が勝手に入ることを除けば、外部ブログサービスにも良い点はあります。簡単であること、それと、マーケティング上、売り手の人柄を伝えるという目的では利用出来ることです。

売り手の人柄を伝えられる

簡単であることは既に多くの方がご存じの通りですので割愛しますが、マーケティング上、売り手の人柄を伝えるという目的では、簡単にスタートも運営も出来ますので利用価値はあります。ユーザーが見込客から顧客にコンバージョンしてくれるためには売り手の人柄を伝えることが重要だからです。

特に中小企業や個人事業主等のスモールビジネスは信頼性や安心感がないためにコンバージョンにつながらないということは多くあるります。したがって、そうしたユーザーの不安を払しょくしてあげるために、外部ブログサービスでブログを行って人柄を伝えるというのは有効な手段です。

目的と順番を間違えない

ポイントは、目的をはき違えないということです。 外部ブログサービスでのブログはそこ自体がSEO等によってネット集客をしてくれるのではなく、自社のメインサイトの方でネット集客が出来ていて、人柄を伝えるためにお手軽に更新出来るブログを利用する、という風に、ユーザーの流れ込み順序が異なります。

外部グログでSEOによるネット集客を行う仕組み

外部ブログでSEOによるネット集客がうまくいかない一番の問題は、こうした仕組みを知らないことによるものですので、割り切って外部ブログサービスでのブログをやるならやる、外部独自ブログをやるならやる、全部メインサイトでまかなう、など、最適な選択肢を選ぶようにしましょう。