英語でビジネスや仕事を始めようとした時

英語でビジネスや仕事をしようとする時、多分かなり多くの人は英会話を身に付けようとするのではないでしょうか。でも、私の場合は違いました。あるいは私が知らなかっただけなのかもしれませんが、少なくとも海外に向けてビジネスを始め、自分のコンテンツを英語で英語の分かる外国人に届けようとした時、私には、英会話が出来ること以前に英文ライティングとリーディングが、英語の中での最重要スキルでした。

ビジネスや仕事で英語が使われるタイミング

言語を書けることや読めることは、喋れることや聞いて意味が分かるようになった後です。小さな子でもいきなり書くことからは始めません。しかし、私たちは十分大人で、英語は第二言語です。そのため、基礎となる母国語は持っていて、当てはめるように解釈し習得することも出来ます。これの良し悪しは別として、ここが全くゼロから言語自体を学習する子供との違いです。

一方で、「海外で」ではなくて、「海外に向けて」ビジネスをする場合や英語で外国人たちと仕事をする場合、英語を喋るタイミングというのは電話か会った時くらいしかありません。じゃあ日本にいながらにしてまずはインターネットなどを利用して、と考えてみました。誰でも分かることですが、こうしたケースでまず初めに必要なのは英文ライティングや英語のリーディングです。例えばメール、チャットに始まり、告知やプロモーション、ウェブサイトやブログでの発信、タイアップなどなど。

「旅行に行く」とか、「海を渡って職探し」とかは別の話ですし、「現地で拠点を構える」でさえも、別の話です。要は私のような独立した個人やビジネスの矢面に立つ人間が自力で海外と仕事をしたり英語でビジネスをやっていこうとする時に必要なのは、英会話スキルなんて二の次ですし、ましてやプレゼンや接待で使うためのいわゆる「ビジネス英語」は完全に無視してOKだと考えました。したがって、同じビジネスや仕事での英語でも、日本で喧伝される「ビジネス英語」はほとんど意味を持ちませんでした。

ビジネスや仕事での英語とプライオリティ

私たちのような日本人ESLが英語でコンテンツを作り、それを英語を理解できる外国人や海外に届けようとしたら必要な英語はさらに多岐にわたります。インターネットを利用して英語で海外に発信する側面だけ見ても、英語の基本スキルに加えてオリジナリティまでもが要求されます。顔のないビジネスやアイデンティティがなければ誰にも何も伝えることが出来ないからです。だから、その時には英語という言語は、自分の英語、言葉であるべきですし、その時に初めて、目的とするビジネスの成果に英語が役立つようになります。私の場合は特にコンテンツそのものを英語で書く必要があったので、なおさらでした。

そうはいっても、海外に向けてビジネスをやっていこうと思ったら、ビジネス言語としての英語も必要になることは私にも分かりました。そこで、英語の基本的な4つの要素:スピーキング, リスニング, ライティング, リーディング、の内で、どれが一番最初に必要かを考えてみました。

いきなり物理的に海を越えない私にとっては、何はともあれ英文ライティングとリーディングでした。したがって、英語でビジネスを始めようと思った時、英語のどこから手をつけたかといえば、私の場合は英文ライティング&リーディングでした。