稼ぐホームページは代わりに働いてくれる?

ホームページはあなたにとって、または、あなたのビジネスにとってどのような存在となっているでしょう。スモールビジネスでは、ホームページをうまく活用すれば代わりに働いてくれて、稼ぎの流れを作り出す事が出来ます。ではそのようなホームページはどのようにして制作されていくのでしょう。

ホームページに働かされて時間がない

一人でビジネスをされている方や、少人数でビジネスをされている方ほど、頭を悩める問題が、時間に束縛される足かせの問題です。ホームページやインターネットで稼ごうと、とりかかり、新しい技術を学ぶ事等に翻弄されすぎるあまり、情熱とは裏腹に、ホームページに働かされてしまいます。

しかし、ホームページと、業務的な内容に用いるコンピューターは、使い方さえ間違わなければ、人的コストの削減となり、あなたにとって自由な時間を取り戻してくれます。ほんの少し考えの方向を変えるだけで。 IT(情報技術)というのは、それを活用する人間にとって、自由な時間を得れる誰もが利用できる道具です。

自由な時間が創られるはずなのに、なぜ逆に束縛されてしまうのでしょう。それは、戦略的な考えと、使うシチュエーションを間違ってしまうからです。

情報技術の戦略と使うシチュエーションを見極める

戦略的な考えというのは、まず、「どうなりたいのか(どうしたいのか)」ということについて、考え、現実と照らしあわせた上で、未来を設計する事です。使う場所、タイミングといったシチュエーションを間違えない為にとても大切な事は、「割り切る」という事です。

割り切る、という決断と行動をする為には、最低限、その判断を下す為の情報が必要となります。必要となる情報は状況によって様々ですが、大きな部分としては、プロセスを細分化して認識すると、見えてきます。ホームページがあなたのビジネスの為に稼ぎを上げてくれる為には、稼ぐ仕組みをあなたがインプットしてあげる必要があるのです。

例えば犬を飼う事を考えてみましょう。犬に、しつけをする為にはあなたが教えてあげる必要があります。犬に合わせてあなたが振り回されてしまえば、いつまでたっても思うようにしつけられません。

犬は動物なので、まだ、学習能力がありますが、情報技術は、それ自体に学習能力はありません。となると、そこに知恵を与えて、思い通り動いてもらう為には、あなた自身が考え、指示を出さなければいけないのです。

ホームページに稼ぐ仕組みを持たせる

ホームページに働かされてしまうという場合には、問合せや資料請求、購入について何度も同じ対応をしていないか、を考え始めると、見え方が変わってきます。具体的には次の二つのポイントを考えていくと、ホームページに稼ぐ仕組みを持たせることが出来るようになっていきます。

なくてもユーザーが困らない情報は充実しているのに、いざ購入や資料請求となった時には必要な情報がないホームページがありますが、購入や問合せに関して必要な情報は、顧客対応をしていれば、自然に蓄積されるのが普通です。

したがって、まずはそうした情報から掲載していくようにすれば、どんどん同じ対応をしなくて済むようになります。そうする事で、ホームページはあなたに代わって顧客と対話をしてくれるようになっていきます。

もう一点は、そもそも、あなたが意図するアクション(購入や資料請求、問合せ等)がホームページだけで、自動的に発生するかを考えるということです。これをよく「売れる仕組み」といいますが、インターネットで収益を上げるポイントは、商品について当て推量ではなく、現実的に、考える事です。

インターネットでの商品戦略については、オフラインと比べると多少の違いがあります。一つの側面からだけで、「これは売れる!よし並べよう」と考えてしまうのではなく、多面的に考えていく必要があります。

例えば出来立てお好み焼きはネットでは売れませんが、家庭で出来るお好み焼きセットなら売れるかもしれません。

ネットビジネスは基本的には通販です。もちろん、来店を目的としたホームページを作成することもあるでしょうし、資料請求や問合せを獲得してサービスを提供する場合もあるでしょう。しかし、その場合には、何をアピールしてどのようにホームページを見た人に来店をしてもらうか、どのようにサービスを購入してもらうか、レスポンスデバイスコンバージョンの設計が必要になります。

これら二点について、改善をする事で、顧客側からの仕組みと、あなた側からの(ビジネスを)回す仕組みが自動化されていき、ホームページが稼ぎの流れを作るようになります。付け焼刃では、きちんと動いてくれませんが、基本的な設計を考え、改善策をとれば、いつの間にかホームページは自動化されていきます。

そうでなければ、お金が余計にかかり、時間が余計にかかり、人まで余計に必要になってしまいます。