ビジネスの成功、継続収益に欠かせないのは顧客理解

顧客についてどれだけの事を知っているでしょう?顧客について知るというのは、顧客について理解するということです。あなたの顧客は何をもってあなたと取引しているのか? 価格なのか? 品質なのか? 人柄なのか? それとも違う何かなのか?あなたの顧客が何をもってあなたと取引しているのかを知り、理解することで、更に顧客との絆を深める事ができ、継続的な収益効率が高まります。

顧客が分かれば集客効率も高まる

あなたの顧客はどんな人達なのか? 男なのか女なのか? 若者なのか? 中高年なのか? どこに住んでいる人なのか? どんな生活をしている人なのか? 特徴的な悩みを抱えているのか? 特徴的なこだわりを持っている人なのか? 特定の業種に属する人なのか? あなたの顧客がどんな人達なのかを知る事で、集客効率が高まります。

なぜなら、同じ人達が持つ共通の興味に対してリスティング広告を行ったり、ブログやメルマガで情報提供をしたり、SEOでネット集客したりすればよいからです。

顧客情報流出というのが事件になるのは、この顧客データが流出するからです。その人の住んでいる場所、好み、生年月日、興味等をはじめとし、一人の人間の情報が大切に保持されています。ところが、スモールビジネスになると、この顧客データをリストとして保持していない人も多くいます。顧客について知らなければ、誰に何を言えばいいのかすら分かりません。

その逆に、顧客リストがあれば、例え、今のビジネスが失敗してもやり直せる資産を持つことになります。 結果、どのような場面でも、顧客がどんな人達なのかが把握出来ているのと出来ていないのとでは、集客効率に雲泥の差が出ます。

顧客をもっと理解したマーケティングコミュニケーションへ

ネット集客が功を奏して、継続的に収益を生みだすようになるためには、顧客とメールやブログ、SNSなどによるコミュニケーションがどれだけ円滑に出来るかにかかってきます。また、SEOにせよ、リスティング広告にせよ、SEM(検索エンジン・マーケティング)をはじめとするネット集客は、いかに絞り込まれたターゲットを効率よく集客できるかによって、成功と失敗を大きく分けます。

全体的にこんなもんだろう。と担当者のあて推量でやっていては、適切な顧客と出会うことすら難しいでしょう。 あなたが顧客を理解するもっとも簡単な一歩は次のことについて考え、顧客に対して質問してみることです。

なぜ、私を選んでくれたのですか、と。この一言を質問でき始めると、いろいろな事が分かります。 初めての取引をしたきっかけは、売り手が考えているだけの安易な内容でないことも多々あります。偶然、顧客になったと思っていたら、偶然を必然にかえていくことなど到底不可能ですが、偶然の中から何を読み取るかによって、そのビジネスのマーケティング機能は加速度的に向上しはじめます。

まずはあなたの顧客を理解しはじめる事です。顧客を理解せずに、「これが売れる」というのは、押し付けでしかありません。 顧客を理解して初めて、良好な関係が始まり、以後も顧客により良い何かを提供できるようになります。より良い顧客との関係を築く為に、まずは顧客を理解しようと一歩を踏み出してみてはどうでしょう。