人生逆転するための考え方

人生には後悔や失敗がつきものですが、そんな人生にも逆転のチャンスはいつでも残されています。しかしながら、何を持って人生逆転したと言えるのかは人それぞれですので、まずはそうした定義を考える必要があるように思われます。

人生逆転するために何が逆転なのかを自分で定義する

人生を逆転するということはそれまでの人生が何かしらの理由で落ち込んでいたり、失敗して苦境に立たされているから逆転をしたいと思うわけですが、その困難を乗り越えること自体が逆転なのか、はたまた他のなんらかの成果を収めることが逆転なのかは自分の中で定義する必要があります。

人生はやはりいつでも逆転出来ると信じてまい進したいものですが、逆転にはどうしても通常以上のバイタリティやモチベーションが必要になります。それでなければ人生逆転などという発想にならず、ただ、問題解決をすれば良いだけだからです。

そのため、人生逆転を狙うのであれば、何を持って自分の人生が逆転となるのか、明確に定義し、意識して行動していくことが求められるように思います。ただ単に落ち込んだところから回復するのは人生逆転ではなく、ただの再起だからです。

自分の人生を逆転させるために自分で出来ること

逆転というからには、マイナスをプラスに転じる程の変化が必要です。そうした変化には恐怖も伴いますし、当然、過酷な現実と対峙して戦っていく必要もあります。それでも人生逆転を目指し、それを成し遂げようとするのであれば、それは自分の糧として、仮に逆転につながらなくとも、何らかの形で、人生を豊かにする肥料になります。

順風満帆に人生を過ごしている人には分からないことですが、人生を逆転させたいと思う程、人生が落ち込んでしまうことは、誰にでもどんな瞬間にも訪れます。そうした時、一体何がその時自分に出来、どこから手をつければいいかは全て自分の選択と乱暴に言ってしまえば思い切りにかかっています。

繰り返しになりますが、人生逆転するには現状を見定め、何をもって逆転と言えるのか定義し、意識する必要があります。その上で、出来る範囲から一歩を踏み出し、行動していくことで、人生は逆転、あるいは好転していくこともしばしばです。

現状に悲観するだけで何も変化しようとしなければ人生逆転など夢のまた夢です。人生逆転は一つの人生経験とも考えられますので、より良い人生に向かうために、人生逆転に勤しみたいものです。もし、人生逆転を目指すような状況にある時、あなたなら何から始めますか?