稼ぐスキルとライフワーク

ライフワークとなる仕事は必ずしも稼げるとは限りません。多くの人はライフワークを持って、ライフワークで稼げるようになることを目指しますが、それが簡単に出来れば、誰もが充実した幸せな人生を送れます。

稼ぐという事とライフワークとの関係

ライフワークとそうでない仕事とが別の場合でも、稼ぐための努力や戦略は必要です。しかし、それでも稼ぐということそのものとライフワークとがなかなかうまく噛み合って両立してくれないことがあります。そんな時に、ライフワークのための副業で仕事をするというような考え方もありますが、ライフワークが稼ぎを生むためには一体何を考えて行動していけば良いのでしょう。

ライフワークで稼ぐためには、お金のもらい方、支払い方を自らが生み出すことが必要とされることがあります。ビルゲイツが、ソフトウェアはハードウェアのオマケで無料な時代にソフトウェアを有料の権利にしたことで大成功を遂げたことは多くの人が知っていることですが、こうしたブレイクスルーが、時として必要になるのがライフワークで稼げるようになる一番のポイントです。

ライフワークになるくらい好きな仕事で稼ぐには

ただ、いかんせんライフワークともなると、その仕事をすること自体が楽しいという人も多く、稼げなくとも特に構わないという考えを持つ方もいます。稼げるに越したことはないけど稼げなくてもこの仕事は続けたいというのがやはりその人のライフワークですから、そこに議論の入り込む余地はありません。

でも、だからと言って稼ぎを生まないライフワークだけをやってしまうと生活に困窮し、いずれライフワークから遠ざからなくてはならない事態に陥ることもしばしばです。そこで、ライフワークをいかにして稼ぐ仕事に持っていけるかどうかを考える必要性も生じるわけですが、そこで必要になってくるのがやはりビジネススキルです。

マネタイズ、商売、ビジネス化

ライフワークをマネタイズするとか、ビジネス化というと、少しライフワークが汚れるような気がする人もいるようですが、そもそも商売やビジネスとは人に喜んでもらってその喜びの数だけお金が稼げるというのが基本的な仕組みです。そのため、ライフワークをビジネスにすることに躊躇する必要など本来はなく、ライフワークをビジネスとして行うことで、より、充実した仕事や人生を歩めるようになるというのも一つの考え方です。

ライフワークがお金を稼ぐ仕事として自分の人生に貢献していない時、あなたならライフワークをどのようにして稼ぎに直結するように展開していこうと考えますか?