人生の目標設定、基本ポイント

人生を生きる上で、あるいは仕事でもそうですが、前を向いて精進しようとすれば、人生は目標の連続で目標だらけです。目標は達成できる目標もあればそうでない目標もありますが、一体人生における目標はどう立てれば良いのでしょう。

人生の目標を設定する際の基本的なアイデア

明確な答えはありませんが、人生における目標は一つには、仕事における目標と同じく計測、評価出来ることが挙げられます。つまり、その目標に期限があり、結果を測定出来ることです。

その上で、目標を達成出来ても出来なくても、何かをそこから学び取らなければ意味がありません。人生における目標は通過点にしか過ぎないからです。特に人生の目標は、人生において成し遂げたい何かを指すものであって、人生の最期の瞬間はそこだけに向かって突き進んでいくものではありません。

多くの人は自分の人生は自分が全てコントロール出来るはずだと考えますが、必ずしもそうではありません。世界は動いており、予期せぬ出来事は起こります。そういうダイナミックに可変する世界の中で、時間の中で、人生の目標を達成していかなければいけないのです。

人生の目標があると自分の人生にハリが出る

人生の目標は大きければいいというものではありません。一般的に目標を次々と達成できる人は、自分に少しだけ困難だけど達成することが全くの不可能ではない目標を設定します。そうなると人生は目標の連続になっていくわけです。

人生において目標のない場合、あるいは人生の目的が見えていない場合、人生はとてつもなく退屈なものになるかもしれません。何かを達成する喜びは、何かに挑戦しなければ得られないものだからです。

だとすると、人生にはある程度の目標があるほうが、人生にとっていいスパイスになるのだと考えられます。目標は大きすぎず、小さすぎず、それをいかにしてクリアしていくかを考え、楽しみながら達成していくことが出来ますし、たとえ目標が達成できない時があってもそれを糧として次のチャレンジをすることが出来るからです。

人生に限りませんが、目標は、それが設定されているだけで、人を前に向かせる力をもっています。そのため、もし後ろしか向けなくて袋小路にいるのであれば、何かしらの目標を設定してみるのも一つです。人生に目標を持ち続けていますか?