選ばれる専門家としてのコンテンツマーケティング

インターネット上には数多くの情報コンテンツがあります。比較サイトをはじめ、口コミなどのソーシャル評価、格付け。そういった情報コンテンツの多くに加え、アドバイザー盛りの世の中です。専門家と呼ばれる人が多い中、さらにコンテンツマーケティングをもってその中で選んでもらうにはどうすればよいのでしょう。

専門家の中の専門家でなければ価格重視

情報コンテンツの中でコンテンツマーケティングをもって自分を選んでもらうためには、売り手が専門家の中の専門家である必要があります。専門家でもない売り手から消費者が商品なりサービスなりを購入する場合、顧客の方がスキルがあるという状態になっていれば、いちいちアドバイスを受ける必要がなくなってしまいます。そうなってしまえば、そこには価格によって選ばれるくらいしか優位性が築けません。

商品やサービスに愛着はあっても専門的なことを知らない売り手も存在しますが、そうした人は価格競争をするしかありません。ユーザーの誰もが同じように情報をインターネットで比較検討し、同じ商品で似たような売り方しかされていなければ、価格でしか選ぶ理由がないからです。

したがって、価格で競争したくないのであれば、まず最初に専門家としてユーザーに信頼され、この専門家から買いたいと思ってもらうことが必要となってきます。しかし、困ったことにそうした専門家でさえ、今は数多くいます。消費者の側に立った専門家、売り手の側の専門家、評論サイト等々。そうした競争の中でさらに頭角を表す程の専門家でなければ専門家として認めてもらえないのです。

売り手が自分なりに専門家を定義してみる

専門家とは一体どのような人なのでしょう。理想像を自分なりに売り手が定義してみれば、どのような存在であれば良いのか分かります。例えば、まず最初に、ユーザーの本当のニーズを察知してあげられるスキルが必要です。ユーザーは表面的な言葉でしかニーズを伝えてくれませんが、本質的なニーズは別にあるかもしれないからです。

そうした察知するスキルに加え、それを上手に伝えてあげられるスキル、この二つでワンセットが専門家として最低限のスキルです。これが専門家としてのコンテンツマーケティングの前提条件になります。

専門家マーケットの中でのコンテンツマーケティング

前述したように世の中に多くの専門家と自称したり呼ばれたりする人が溢れており、それに加えてインターネット上の情報コンテンツがあります。しかし、最低限のスキルさえない専門家というのも多く存在していますので、そこにはビジネスチャンスがあり、コンテンツマーケティングの余地が生まれます。

ユーザーの本質的なニーズを察知してあげ、本質的なアドバイスをしてあげられるような専門家であるためには、もっと根本的なところで、商品やサービスを好きであることが、そのスキルを大きく左右します。好きだから知っている、好きだから分かる、好きだからダメなところも知っている。そうした本当の専門家であれば、ユーザーは価格だけでなく、信頼感を持ってあなたを専門家だと認めてくれます。それをコンテンツとして提供することはユーザーにとって非常に有益で感謝されるコンテンツとなります。

何も考えずに右から左に商品やサービスを動かすだけのトレード型ビジネスは、今後情報コンテンツがより一層溢れれれば溢れる程、優位性がなくなることでしょう。したがって、その前に、何の専門家になるのか、何の専門家であるべきなのか、売り手が自分なりにまず考えてみるというのはこれからの時代、最低条件になることでしょう。あとはそれをコンテンツとしてウェブサイトなりオフラインメディアなりでユーザーにコンテンツとして提供し、コンテンツマーケティングのサイクルを作り上げていくことでビジネスを継続的に成長させることになります。