SEOは技術論よりもコンテンツマーケティング?

SEOは最早単純な検索エンジン最適化という技術の話ではなく、いかに魅力的なコンテンツを提供し、ユーザーからの支持を集めるかという方向に向いています。

魅力的なコンテンツであるからこそ一般ユーザー、見込客があなたのサイトのウェブページやホームページを支持し、自分のブログからリンクを張ってくれたり、ソーシャルネットワークで口コミを広めてくれたりということが発生するからです。 ここで重要になってくるのが、コンテンツです。

魅力的なコンテンツ

魅力的なコンテンツとは、Googleの定義によれば、一言で言うと、雑誌などに掲載されていてもおかしくないコンテンツ、あるいは、我が子や親友に自信を持って勧められるコンテンツだとされています。具体的には、今のGoogleは既にコンテンツの内容を読み取って、その意味を理解しますので、単純にキーワードが入っているだけでそのコンテンツが評価されることはありません。雑誌などに掲載されていてもおかしくないコンテンツとは、多面的で中立なもの、それに加えて主張があるユニークなものです。

他のどこかのコンテンツと同じコンテンツはユニークとは言えず、そうしたコンテンツに価値はありません。また、我が子や親友に自信を持って勧められるコンテンツであるためには一定程度の中立性が求められます。例えば単に主張だけを書いていれば同調する人のみにしか共感を得られず、より多くの人からの共感という支持を得ることは出来ません。このように魅力的なコンテンツとは、多面的で、中立なもの、それに加えて主張があるユニークなもの、もっと言ってしまえば、一定以上、論理的なものになります。

したがって、今後SEOで検索エンジンから高評価を得て、検索順位を上げたり、ロングテールで多くのユーザーをネット集客したいと考えるのであれば、こうした魅力的なコンテンツが豊富にあるホームページでないと、どんどんとジリ貧になることが目に見えています。こうなってくると、SEOは技術論の話ではなく、いかに魅力的なコンテンツをホームページで提供できるかどうかが、今後のSEO対策全体に大きく影響する重要要素だと言えます。

なぜソーシャルメディアから評価されることとSEOがつながるのか

ソーシャルメディアとは、個人のブログをはじめ、TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワーク全てを指します。ソーシャルメディアから評価されるには、前述したように魅力的なコンテンツが必要です。単純に商品やサービスの紹介をしているだけのコンテンツがはたして魅力的なコンテンツと言えるかというと疑問が大きく残ります。

ユーザーが知りたいのは、その商品やサービスで何がどう自分の生活にプラスになるのか、あるいはその商品やサービスが他とは違う何かがあるのか、はたまた、その商品やサービスの事前情報としてどんな知っておくべき情報が眠っているのか、といった購買行動の事前準備となります。したがって、ソーシャルメディアで評価されるということは、人が人とシェアをしたいほどのコンテンツがそこにあるということにつながります。

SEOは魅力的なコンテンツをホームページに求めるように帰結した

充実したコンテンツをホームページ掲載していくこと、これは最早SEO論ではなく、コンテンツマーケティングの領域の話になります。つまり、いかにしてユーザー、見込客を事前に囲い込み、欲求を高めてもらえるようなコンテンツを魅力的にアピールするかどうかということです。したがって、どのようなコンテンツをホームページの中で展開していくかが、巡り巡ってSEOにつながります。

SEO業者は何から何までSEOでひとくくりにして業務範囲を広げようとしますが、実際にはこれはマーケティングの話であって、SEOは後からついてくると考えるほうが、ホームページ戦略はうまくいきます。

魅力的なコンテンツをホームページに満載にして、より収益を上げるホームページを育てていくには地道な努力が必要です。まっとうなビジネスを行っている会社であれば、言わずもがなな考え方にようやくSEOがついてきたと考えても不思議ではありません。是非、あなたのホームページも魅力的なコンテンツで満載にし、より多くのユーザーから愛されるよう育てていって頂ければと思います。