サイト訪問者に来店してもらうためのレスポンス・デバイス

ホームページでのコンバージョンの種類には、来店もあります。ホームページを見て来店してもらうことが目的であれば、ユーザーに来店してもらうという反応(コンバージョン)のために、レスポンス・デバイスの設計が必要です。

ホームページで集客して実店舗に来店してもらう

ホームページを見て来店してもらうためにレスポンス・デバイスを設計すると言っても、それほど特殊なことはありません。レスポンス・デバイスの基本は、「親切、丁寧、使い勝手よく」です。 来店をしてもらうためのレスポンス・デバイスはアクセスマップのページになります。これは、地図、住所、行き方を総合したものです。

最近ではGoogleマップを張り付けるのが流行っています。流行るのは品質に優れているからですが、店舗型ビジネスを行う方がそれでは困りものです。地図を掲載することは悪いことではありません。しかし、それが単純に簡単だからという理由で手間を惜しんでいるのでは親切さ、丁寧さに欠けます。地図を貼っておくというのは、「地図を貼るから自分で調べて来店してください」と言っているのと同じことだからです。

本当に来店してもらいたいのであれば、あなたのお店に電話をかけて場所を聞く応対と同じくらいの親切で丁寧な案内が必要です。

目印と道順を分かりやすく説明すれば地図はもっと役立つ

ある賃貸を専門にしている不動産会社の社長が言いました。「物件まで、会社までの道案内が分かりやすく出来るようになったらまず一人前」。不動産業だからなおさらというのもあるかもしれませんが、店舗への道順案内くらいはアルバイトの子にも、丁寧に指導するのではないでしょうか。

何の目印もない地図のみ掲載しているというのはそれをしないということです。街中であってもなくても、問合せの電話などでお客様へお伝えするように目印となる建物や場所を交えた丁寧な説明文章、あるいは、目印となる建物や場所が分かる、最寄駅からの地図を掲載するようにしましょう。

目標地点だけ伝えるのではなく、あくまでも、その道順にある、別の目に入りやすい目印となる建物を交えるところがポイントです。また、距離を数字で書いても一般人はイメージがつきにくいので不動産物件などのように徒歩などの所要時間を記載して上げる方がユーザーには分かりやすいものとなります。

もちろん、そのアクセスマップのページには、電話番号、住所を同時に記載するようにします。FAXと同じく、このページも印刷されて使われることがあるからです。住所はカーナビに入力するユーザーに役立ちます。

参照:レスポンス・デバイス