人生の後悔

人生にせよ、仕事にせよ、生きていれば後悔する瞬間、時期というものが発生します。誰もがあることですが、出来るものなら後悔はしたくないものです。しかし、後悔があるから人は反省をし、次の一歩を踏み出すことが出来るとも考えられます。

自分の人生や仕事における後悔

後悔は人生や仕事につきものですが、その原因が浅はかな考えであった場合には後悔はまた連続して同じような後悔を生み出します。しかし、そうではなく、きちんと責任をとる覚悟での決断、選択においては後悔は反省をすれば次の一歩を飛躍させる原動力ともなります。

仕事にせよ、人生にせよ、淡々と日々と向き合っていると、それほど後悔というイベントに出会わないこともあります。しかし、後悔はそれ自体が悪いことではなく、やはりそこから何を見出せるかどうかでその後の人生なり仕事の結果なりが変わってくるものです。

後悔を出来るのは、自分が失敗を認め、自覚した時です。そのため、自分と向き合うことがなければ後悔という感情は起きません。あの時ああしておけばよかった、と考えても後の祭りですが、では次に同じような境遇に陥った時にどう自分は対処し、どう自分はその問題を解決するのか。そうしたことを考える機会こそが後悔におけるチャンスです。

後悔先に立たず、でも

後悔は先には立ちません。しかし、前もって後悔を想定することは出来ます。これをしなければ後悔するであろう、この選択をしなければ後悔するであろう、そう思うのであれば、それは人生における決断の瞬間です。

つまり、後悔というのは、選択とワンセットだと考えられます。仕事にせよ、人生にせよ、何かしらの選択を迫られた時、どれだけ時間的制約があるかは状況によりけりですが、いずれにせよ、決断を下さなければいけない瞬間が訪れます。

その時に、後に後悔しそうな決断をするのか、後になって後悔して自分を恥じるのかは、選択をする時の覚悟にかかっています。結局、後悔の前には決断があります。そのため、決断に責任を持てるのであれば、その決断の結果が失敗に終わっても後悔の種類が変わります。仮に後悔するような状況になったとしても、その時の後悔とは自分が引き受ける覚悟だった失敗の上にあるわけですから、次の一歩のための糧にこそなれ、単純な後悔にはなりません。

だとすれば、自分の人生や仕事における後悔をどう捉えることができるでしょう?