楽天やヤフーなどのモール出店での失敗はなぜ?

楽天やヤフーでモール出店をしても、世の中には、成功した人の情報ばかりで、モール出店に失敗して消えていった人の情報は出回りにくいのが現実です。これからモール出店を検討している場合にはそれぞれの違いや基本的な現実をまず抑えておきましょう。

ECモールに出店してネットビジネスを展開する前に

楽天やヤフーなどのECモールに出店してビジネスを展開したいと考えている人には耳の痛い話かもしれませんが、失敗する理由についてです。特に初心者の人であればあるほど、失敗確率は高まってしまいます。

参照:ECモール出店と独自ホームページ制作、どちらが稼げる?

したがって、これから「ネットショップを展開するぞ」という場合には、是非正しい認識を持って取り組んで頂ければと思います。デメリットについて知った上で臨むのと、知らないで臨むのとでは大きな違いがあります。

楽天やヤフーなどのECモールに出店しても集客は必要

楽天やヤフーショッピングなどのECモールに出店すればネットショップの集客には困らない、なぜなら、ECモールには買い物客が集まっているから。 多くの人が惑わされている話です。確かに、ECモールには買い物客が集まります。中でも人気のある出店ショップには多くのお客が訪れます。しかし、だからと言って、ECモールの中にショップを開店すれば売れるというのは安易な発想です。

正確に認識しておかないといけない事の一つに、リアルのECモールとは違うという点があります。リアルのECモール、例えば百貨店等の中にテナントを持つ。これは百貨店の集客力に比例してお客さんが集まりやすくはなります。

ECモールの中の仮想空間

少し、考えてみましょう。インターネット上にあるECモールを百貨店としてみた場合、確かにユーザーは集まっているかもしれませんが、 現実のものと比べると形がないのでそのECモールの中にあなたのショップがあっても気付かずに帰ってしまうことがあるということです。これは、ホームページを作成して開設することとも同様で、いきなりユーザーはどこかからわさわさと湧いてきたりはしないのです。

現実のECモール(仮に百貨店)の中にショップを構えた場合、その百貨店に訪れあなたのショップのあるフロアにくれば結構な割合であなたのショップの前を通るので、あなたのショップが閉店していない限りあなたのショップの存在に気付きます。

しかし、インターネット上ではフロア(カテゴリ)がわかれていたとしても全てを見て回る必要はありません。 商品等で検索する場合も同じです。ECモールと呼ばれるサイトに「買い物客」が訪れているのは確かですが、あなたのネットショップが買い物客を呼び込むために広告宣伝をしているか、特別な商品や集客手段でユーザーを呼び寄せる事ができない限り、そのECモールにあなたのネットショップがあるからといって、あなたの出店ショップにまでユーザーは来てくれません。

したがって、ECモールの集客力に甘えずにあなたの出店ショップの集客力を強化しなければ、結果として、楽天なりヤフーショッピングなり、どのようなECモールの中でも稼げる出店ショップとはなっていかないのです。

楽天やヤフーショッピングの出店ショップは閉鎖空間に陥りやすい

楽天にせよ、ヤフーショッピングにせよ、ECモールの場合には、独自ドメインによるホームページの場合と致命的な違いがあります。それは、ECモールサイトの中では集客の可能性があっても、外部(インターネット全体、検索市場)からの集客の可能性が減ってしまうということです。

例えば、GoogleやYahooで商品ジャンルや業種名などを検索しても楽天ショップやヤフーストアが出てくるのは数サイトです。これはSEOを知っている人なら知っていることですが、同一ドメイン内のサイトは複数出てこないこと、画像だらけでページがSEO的に弱いことが起因となります。つまり、検索エンジンからの集客という外部からのリーチを失ってしまうことにもつながります。こうした現象が起こり得ることについては、楽天もヤフーショッピングも、その他のECモールも親切に教えてくれることはありません。

しかし、ECモールでの出店、ECモールでの集客に勤しむあまり井の中のかわずになってしまうことが、現実としてあります。 独自のホームページと比べてECモールのほうが良い点は、商品さえあれば、すぐにECとして販売を始められること、なんとなくネットを介した取引を体感できることくらいです。

ネット系コンサルタントの中には、ECモールのほうが良いということを言う人もいますが、長期的視野でビジネスを見た場合にECモールのほうが良い点はほとんどありません。ECモール出店ならオークションへのストア出店の方が比較的容易に稼ぐことが出来ます。 その理由については「ECモール出店と独自ホームページ制作、どちらが稼げる?」にありますので割愛しますが、ECモールでのECしか経験のない方にとっては正に信じたくない現実です。しかし、独自ホームページでビジネスをはじめればこの意味を体感できます。

独自サイトでのネットショップ運営とECモールとの並行

独自ホームページを簡単に定義しておきます。ここまでの話、これからの話の中での独自ホームページとは、ショップシステム(カートCGIなど)を利用していることには左右されません。独自ドメインであること、不要な大元(ECモールの親玉)へのリンクがなく完全に独立していることの二点です。

既に動いている場合には、キャッシュを生んでいるからシフトできないなどのケースもありますが、ホームページを制作したり、ビジネスを立ち上げていくことはちょっとした知識さえ得れば誰もが同じように可能です。ECモールでの出店ショップを走らせながら独自ホームページを立ち上げていくのも一つです。

独自ホームページで運営しはじめると、誰もが気づくことがあります。「何となく体感」と表現しましたが、これは全くこのとおりで、独自ホームページ運営を始めると、ECモールでうまくいく方法であっても独自ホームページで役立つことはほとんどない、という厳然たる事実にぶち当たります。

その結果、「同じ集客コスト(広告等)がかかるなら独自ホームページに集客するほうが良い」「苦労は多いが経験知が蓄積される」という実感を持つに至ります。

継続的にネットビジネスを成長させていこうと考えるなら

つまり、経済合理性もさることながら、継続的なビジネスの成長を目指すのであれば、失敗をするにしても、試行錯誤の末に経験知の蓄積される独自ホームページを作成してビジネス展開するほうが以後の力になるということです。

尚、僭越ながら、独自ホームページのほうが簡単、だとか、独自ホームページなら稼げる、ということではありませんのでご注意ください。判断するのは自分になりますが、こうしたネガティブな展望についても向き合うということが、インターネットでのビジネスやホームページの商用活用という現実について向き合うということです。

くれぐれも甘いセールストークに踊らされてしまわないように。現実は現実で把握した上で判断が出来るといいのではないでしょうか。