問題解決思考、問題解決スキルを磨く

ビジネスの現場では問題解決思考、問題解決スキルがとても重要な役割をもちます。問題解決思考でいうところの問題の解決とはただ目の前にある障害を取り除くだけではなく、課題を設定するなどして自分を高めるスキルでもあります。

問題解決のための論理的思考(ロジカルシンキング)

問題を解決する時に多くの人はその問題だけにフォーカスしてしまい、その背後にある本当の課題や問題の生まれた文脈を理解しようとしません。そのため、付け焼刃的な問題解決になってしまい、同じような問題がまた起こることになります。

原因を根こそぎ解決するためには、まず論理的思考をもって現状の問題がロジカルにどのように構築されているのかを知る必要があります。その上であらゆる選択肢をその状況における制約の中で考え出す必要があります。そこで必要となるのは右脳的発想です。

小さな問題と大きな問題の解決方法の違い

小さな問題の解決の場合には問題の原因を適切に読み取ることが出来れば、二度同じ問題が起きないようにどうしたらよいかを考えた上で、今そこにある問題をも解決することが出来ます。大きな問題の解決の場合には、問題を問題としてだけ捉えるのではなく、自分に課された課題だと捉えると、その課題をクリアして、ワンランク上のステージへ自分を引き上げ、問題を解決へと導くことが出来ます。

問題解決思考を行う上では、問題を解決するにあたっての論理が詭弁にならないように注意が必要です。詭弁とは論拠に誤謬やアンフェアといった自分にだけ都合の良い解釈が存在するものです。そうならないためには、事実を事実として受け止め、現実を現実として受け止めた上で、取り得る最適な道が何なのかを多面的に考えていき、少なくとも論理的に矛盾が生じないように頭の中で一度整理をする必要があります。

問題解決思考、問題解決スキルを磨くには

繰り返しになりますが、問題解決思考、問題解決スキルは、単純に目の前の問題を一度きりだと考えて解決しようとせずに、自分に課された一つの課題としてどうすれば問題を解決出来るのか、どうすればその課題を解決することで自分のステージをも引き上げられるかを思考します。

その結果、問題解決思考、問題解決スキルが磨かれていくと、自分の仕事や自分の人生を高めることが出来ます。問題解決思考のステップは、現状把握、原因分析、解決策の発想が基本ですが、最後に、解決策と原因との因果関係の精査があります。つまり、その解決策をとることで本当に原因が解決され、現状を変えることが出来るのかをチェックするということです。後は量的な訓練しかありません。

問題解決思考、スキル。磨いていますか?