ネットショップを開業しても稼げないのはなぜ?

ネットショップ(ECサイト)は開業すれば誰でも稼げるわけではありません。根本的なところを外してしまって失敗するサイトは数多くあります。初心者であればある程やむを得ないことでもあるのですが、ネットショップを開業するにはそれなりにスキルが必要です。

ネットショップ開業に必要なのはビジネススキル

ネットショップを開業して稼ごうと思ったら、最初に学ぶべきはホームページ作成などのスキルではなく、インターネットビジネスのスキルです。もっと言ってしまえばビジネス、特にウェブマーケティングのスキルがネットショップを開業して成功するための重要スキルになってきます。

これをすっ飛ばして簡単にネットショップの開業が出来るからといってソフトやツールなどで通販サイトやECサイトなどのネットショップを立ち上げてもそうそううまくいくことはありません。そして、同じように考えてネットショップの開業を始める人は後を絶ちません。

ネットショップ(ECサイト)開業当初の課題

ネットショップを開業して最初に陥るのが、まず、アクセスが全然なく、インターネットでの集客が出来ないという問題です。ネットショップのようなECサイトに限らずホームページというのは、開設しただけではアクセスは生まれません。

したがって、インターネット集客をどのようにして行うのかを考えなければなりません。 SEOやリスティング広告等のSEM(検索エンジンマーケティング)で無事にインターネットでの集客が出来た次に陥る問題が、反応がない(コンバージョンにつながらない)、つまり、アクセスはあるが売れない、という問題です。

これは大半が、同じ商品を同じような価格帯で同じような訴求の仕方でネット通販されているため、差別化が出来ておらず、顧客の誰もがそのネットショップで購入すべき理由が見つけられないため起こる現象です。

したがって、ネットショップ開業にあたっては、ビジネスモデルをまず構想しておいて、その上でマーケティングモデルまでを考えておかなければ、競合他社よりも自分のネットショップで購入してもらうための戦略や戦術の試行錯誤のしようがないのです。どのように収益化するのか、どのようにリピート顧客を増やして絆を結んでいくのかといったことです。

開業に成功するネットショップ・ECサイト

ただ商品を並べておくだけでは余程の売れ筋商品だけをあなただけが売っているのでない限り売れません。必要なのはあくまでもビジネススキルです。

その上で、SEOのようなインターネット特有の技術的なスキルを学習していくと、インターネット集客力がアップし、見込客が集まりやすく、見込客が顧客に転換(コンバージョン)しやすいネットショップ(ECサイト)になります。

結果、そうなることでようやく、売れるネットショップになります。 開業に成功するネットショップはネットショップ作成前に、こうしたことを構想します。ビジネスモデル、マーケティングモデルの二点です。この二つを外して開業してしまった場合には、今からでも遅くはありませんので、熟考をはじめることをおすすめします。