小手先のテクニックを強力に使うスキルと思考法

ネットビジネス、自己成長、英語力アップ、世の中には様々な小手先のテクニックがあります。そんな小手先のテクニックだけに踊らされてしまうと、思うような成果を継続的に勝ち取るのは難しいですが、小手先のテクニックでも、強力に使える人というのが存在します。一体何が違うのでしょう。

ビジネススキルや英語スキルなどの時短テクニック

例えばビジネススキルや英語スキルには、小手先の時短テクニックが多く存在します。時間の効率の良い使い方とか、ちょっとした一工夫でどうこうってやつですね。しかし、そうした小手先の時短テクニックに見えるものでも、何も考えなければ上手くいかないこともありますし、戦略的に活用すれば、着実に成果を勝ち取ることも出来ます。

多くの人が時短テクニックだけでよい結果が出せないのは、思考や戦略がないためです。英語スキルやビジネススキルに限らず、それぞれのテクニック自体は簡単なため、それだけを知ってやってみてもある程度は効果が上がります。しかし、それを思考システムの中で使うのと、一過性の効果を狙って使うのでは受け取るリターンには大きな差があります。つまり、先に考えがあって小手先を使うのとそうでないのとでは成果に違いが出てしまうのです。

手先のテクニックにも全体的なコンセプトがある

日本では昔から、心、技、体という考え方がありますがまさにこれと同じで、心であるコンセプトや思考があり、戦略的な思考システムという、その仕事なり、人間性といった体系があり、それにほんの少し成長加速装置となる具体的なテクニックがあります。そのため、コンセプトと体系を把握した上で小手先のテクニックを活用すると、歯車がかみ合いやすく、結果のレバレッジも大きくなります。

英語にせよ仕事にせよ、その他にせよ、小手先のテクニックは大抵、簡単、お手軽、すぐに出来る、と三拍子揃っていることが多いですよね。どういった内容のテクニックであっても、実行自体はとても簡単で、ほとんどのものはほんの少しの変化を加えるだけで実行結果を手にすることが出来ます。でもやっぱり、その土台となる「理由」が自分の中に確固としてないと、軽薄な成果しか手に出来ないのも事実です。

大切なのは、そのプラスアルファのテクニックが中長期的にもどのような結果をもたらすのか、その結果が目先の成果だけではなく、どのような「意味」をもたらすのか、ということを常に自問することではないでしょうか。全てのテクニックが、一過性の成果だけで終わってしまわないよう、まず戦略指針や目的を持った上で、小手先のテクニックを活用出来れば、テクニックに翻弄され続けることなく、強力なチカラになります。小手先の繊細さとは、全体の一部ですからね。