成果を生むランディングページ制作

ランディングページが弱ければ商用ホームページは成果を上げません。商用ホームページには、セールスメッセージが存在します。全体的にも存在し、成果を生むランディングページは正にセールスメッセージそのものになります。

しかし、訴求ポイントを間違ってしまうと思うような成果につながりません。それではどのようなメッセージがランディングページ政策では最適な内容なのでしょうか。

ウェブサイトの目標達成のために何を言うか

ターゲット顧客を集客し、ユーザーの目的に沿うページだと認識してもらうことが出来れば、後はコンバージョンを生むためにセールスライティングやサイトコンテンツの内容をブラッシュアップすれば良いだけになります。コンバージョンが生まれるための条件は次の公式で表すことが出来ます。

コンバージョンを生む公式

対象とする見込客が明確であり、誰のための何のホームページなのかを理解してもらえば、あとは「何を言うか」だけになります。この、「何を言うか」を徹底的に考えぬき、ランディングページや、セールスカテゴリ、サイト全体のコンテンツとして伝えることでコンバージョンが生まれたり、コンバージョンの数自体が増えるようになります。

インターネットで何かを販売したり、問合せをもらったりなどの、コンバージョンが生まれるためには、まず、見込客の心理を理解して、本当に「欲しい」あるいは、「必要だ」と思ってもらわなければいけません。

そのために必要なのがセールスメッセージです。その上で、最終的にコンバージョンというユーザーアクションにつなげるためには、信頼感、安心感を醸成する必要があります。「確かにこれなら大丈夫」「目の前の問題を解決してくれる」と思った上で、このウェブサイト(あなた)なら大丈夫と信頼してもらえなければ見込客は行動を起こしてくれないからです。

ランディングページのメッセージを磨く

それでは、こうしたメッセージや信頼感、安心感を醸成するのにもっとも適しているのは何でしょう。メッセージを見込客に伝え、信頼感や安心感を醸成する為に必要なのは、アニメーションでもショッピングカートでも最新技術でも、ましてやゲームでもなく、圧倒的なアイキャッチ、圧倒的なコピーライティングであり、総合すると、セールスメッセージです。

コンテンツが大切だということは既にご存知の通りですが、ランディングページでは、商材によっては圧倒的なアイキャッチ画像が功を奏します。1枚の美しい画像は1000語を伝えるとまで言われるほど、アイキャッチ画像は適切に活用すればきちんとコンバージョンにつながります。

売り手である、あなたが正しい言葉、正しい画像を使えば、ウェブサイトにアクセスした見込み客を本当の顧客に変える事が出来ます。ただし、グラフィックや図表だけをページに表示しておいてコンバージョンが取れることはありませんし、動画や音声によってのみでは、見込み客が得たい情報が再生完了まで得られないため、伝えたいことを伝えられずに終わってしまうこともあります。

セールスメッセージには文章とアイキャッチがあります。しかしメッセージという骨子を除いてしまっては、訴求効果のほとんどない、ランディングページになってしまいます。機能として追加されるようなプログラムなども同様です。やはりコンバージョンを生む上で最適なアプローチはメッセージを磨くことなのです。

テキストコンテンツによるメッセージ

テキストコンテンツによるメッセージは主にソリューション商品、問題解決サービスに役立ちます。ユーザーは、商品やサービスに関する情報を集めるために、いくつかのウェブサイトにアクセスし、自分にとって良いものを探します。したがって、商品やサービスが持つ問題解決能力をどう伝えるかが、コンバージョンを高めるポイントになります。

サイト運営者がランディングページ制作上しなければいけないことは、商品やサービスの価値をわかりやすくライティングすることです。一言で言ってしまえば、セールスポイント(特長)を具体的に伝えることが出来れば、商品やサービスの価値をわかりやすく伝えられたということになります。

特長には、まず商品やサービスのアピールしたい良い点が含まれます。しかし、その一言だけでコンバージョンは生まれませんので、より、噛み砕いて具体的に伝える必要があります。噛み砕いていった末に生み出すべき内容が顧客ベネフィットです。一言で言ってしまえば、顧客のどのような問題をどのように解決するのか、の問いに答えたものが顧客ベネフィットになります。

アイキャッチ画像によるメッセージ

アイキャッチ画像によるメッセージは主にレア商品、視覚感性商品に活用できます。そこでしか手に入らないもの、視覚的に見て良いか悪いか判断する商品は、まず見せなければ始まりません。そして、見せることで、1000語に値するセールスメッセージになります。

サイト運営者がランディングページ制作上しなければいけないことは、商品やサービスの価値がわかりやすく伝わる画像を選ぶことです。印象付けの画像は無意味です。その商品やサービスが最も美しく見える画像を選ぶこと、あるいは作成、撮影することがアイキャッチ画像の全てと言ってもいいくらい重要なことです。その画像に訴求力があれば、それはメッセージが伝わったことを意味するからです。

間違っても画像だけをおいて全て終わったと思わないことです。あくまで画像はアイキャッチ、視覚的な引きですので、言葉による説明は必ず必要です。また、アイキャッチ重視の商品、サービスの場合、一枚の画像で全てを伝えるだけではなく、ディテールはそれぞれ別の画像を用意して、くまなく魅せることで、コンバージョン率が高まります。この場合もテキストによるキャプションを交えるとより価値が伝わりやすくなります。

ウェブページの上部で関心をつかむ

テキストにせよ、アイキャッチにせよ、ミックスにせよ、セールスメッセージを決めたら、それを端的に伝えられるようにコピーライティングをし、端的なセールスメッセージとしてページ上部で活用します。ランディングページや、サイト全体の各ウェブページでは、ページ上部におくキャッチコピーやアイキャッチの部分で、そのページを読むことに意味があるかを端的に伝える必要があるからです。

メッセージをいくら適切に構築しても、まず、ここで関心をひきつけない限りその先は読んでもらえません。ランディングページを1ページで制作する場合にはその単一ウェブページになりますが、サイト全体の場合にはトップページで考えると良いでしょう。

どちらの場合も共通で、画面スクロールをせずに見える範囲(ページ上部のヘッダー部、あるいはメインビジュアルなど)にセールスコピー、アイキャッチをおいて、関心をつかむように表現するということです。また、あなたではなく、顧客が価値を感じるメッセージコピーをライティングします。

コピーライティングされるべきメッセージは、顧客が価値と感じる解決策の一語、かもしれませんし、一番見たい商品の写真かもしれません。セールスライティングの基本原則は売り手の一番言いたいことを言うのではなく、顧客が一番価値を感じることを言うというのが王道です。

ウェブサイトのターゲットを選定し、ゴールを設定したら、コンバージョンを生むランディんページ制作のまずはじめのポイントは、ページ上部でそのターゲットに向けて価値を感じるメッセージを打ち出しているか?です。