ECモール出店と独自ホームページ制作、どちらが稼げる?

「楽天やヤフーショッピングなどは購入したいユーザーが多いから売れる」と思ってECモールでECを始める人はそれなりに多くいます。しかし残念ながら、これは、誤解に基づく参入のことが多く、なかなか上手くいかないのが現状です。

ECモールは独自サイトよりも死角が多い

まず、法人向け、消費者向けどちらでもサービスに属するタイプのものは売れません。いろんなお店でちょこちょこと複数商品をカートに入れて買うというシチュエーションがないからです。また、楽天やヤフーショッピングなどに出店をしても、ECモールでのユーザーは小さくて安いものが好きな人が多く、顧客獲得が出来ても浮気をしやすいという現実があります。

さらに、このような薄利多売型の商品の場合、リピート販売によって稼ぐモデルが基本ですが、リピート販売の際にもコストが発生します。例えば既に購入したことのある既存客向けにDMを送る場合にもフィーが発生したり、稼ぎの数%を差し引かれるなどのコストです。

実際ECモール出店をしたことがある人は実感として知っていますが、結局ランニングコストとしては1年で換算すると独自ドメインで独自サイトを作成する場合と、モールで出店する場合では独自ホームページ制作のほうが安くなります。モールの場合には永遠に固定費と稼ぎフィーがかかるのに対し、独自ホームページ制作の場合には投資額を回収すればその後の固定費はレンタルサーバ代の数千円程度がかかるだけになるからです。

また、顧客リストの意義も大きく異なります。モールの場合せっかく獲得した顧客リストもそのモールから自社のものにすることが規約上不可能なことがあったりします。これははっきり言ってしまえばアフィリエイターが利益を継続的に生むのが難しいのと同じで、結局、顧客という最大の資産を蓄積していけないからです。

ECモールの市場は一部

さて、そうはいってもどこのモールでも年間取扱高などは数千億の市場規模があると公称されています(2007年現在)。例として楽天の場合1日あたり取扱高は平均約13億円なので年間にならすと、およそ4000億円、ヤフーショッピングの場合、1日平均取扱高は平均約5億円なので、年間にならすと、およそ1825億円です(いずれも2007年現在)。結構な取引が行われていることは事実です。

しかし、日本国内全体はもっと大きくなります。具体的に2010年発表の経済産業省による電子商取引実態調査結果によれば、B2C(消費者向けビジネス)での市場取扱高は年間7.8兆円、B2B(法人向けビジネス)での市場取扱高は年間169兆円です。ただし、これには銀行決済手数料なども含まれるため、物販やサービスだけの合計ではありません。

楽天、ヤフーショッピングをはじめとするモールの場合、主にB2Cがメインですが、B2Cだけ見てもおよそ数十倍の市場が日本全体としては存在してます。また、B2Bに至ってはモールではほとんど売れない上に市場規模を単純に比較すると、数百倍になります。海外ビジネスになれば更にこの大きさは拡大します。

ECモールが独自サイトよりも売れない現実

これはもう、はっきり言ってしまっていいと思うのですが、EC関連、中小企業サイト制作関連、マーケティング関連といくつかの方面のどこから見ても、聞いても、ECモールは独自サイトよりも売れない現実があります。次の図を見てみましょう。

ショッピングモールと独自サイトの売上の違い

(参考:経済産業省の電子商取引実態調査2010要旨) こんな恐ろしい現実があります。これはどういうことかと言うと、上の段ではモール型も独自サイト(自前型)も両方の事業者もいるけれど、稼ぎを上げているのは、ほとんど自前型、次に両方だよ、と言っているわけです。ECモール型でビジネスをやる事業者は39.9%いるけれど、稼ぎで見ると全体の(このアンケートの中での)10.3%だよ、と言っているわけです。これが現実なのです。

このように、日本国内だけを見ても、モールでのユーザー数だけに着眼してしまった場合、稼げるようなイメージを持つ人が多いですが、実際には国内市場の中でさえ一部であり、かつ、独自ホームページ制作の場合と比べると売れないという調査結果まであるのです。

稼げているサイト自体が極わずか

上のPDFにもありますが、そもそも稼げているサイト自体が全体の数%に満たないという現実まであります。こうしたことが分かった上でECモール出店にチャレンジするのは良いと思いますが、そうでないのであれば、苦労してでも独自ホームページ制作からはじめるほうが後々力になるのではないかと思います。

もちろん成功例として紹介されるような上手くいくビジネスもありますが、そういうビジネスは独自サイトでも上手くいきます。兎にも角にも、誰でも簡単に出来ると言われることは、誰でも簡単に上手くいくわけではないということの一例ではないでしょうか。

参照:EC市場規模はどのくらい?