人生一度きり

人生は誰もが一度きりです。一度しかない自分の人生をどう過ごすかによってその人生が価値あるものだったか、それともつまらなく無意味と思えてしまうようなものであったかが決まります。

人生が一度きりなのがなぜかを想像してみる

一度きりの人生の中で人は様々な経験をしたり、様々な考えを持ったり、様々な変化をします。もしかすると、一度しかないからこそ、そうした変化があるのかもしれません。同じような毎日を繰り返していたとしても、環境や自分のコンディション、年齢などによって思うことは様々でしょうし、発見する気があればいくらでも発見は人生の節々においてあるからです。

そうなると、人生が一度きりなのは、何かしらの意味があることなのかもしれません。一度しかないからこそ出来ること、一度しかない時間の中だからこそ美しくも醜くもなれる瞬間があるのかもしれません。

どんな一度きりの人生があるのか想像してみる

仕事に尽くす人生もあればそうではない人生もあるでしょう。でも、いずれにしても一回きりの人生の中で何が出来て何が出来ないかは、自分が毎日をどう生きているかによって変わります。一度きりの人生の中で足りないものを探してみるという考えも一つでしょうし、毎日の日常の中で一度きりであることを感謝するのも一つでしょう。人生は誰もが平等に一度きりです。

今この瞬間、現在を生きていく中で本当に一度きりしかない瞬間だと感じると、一瞬一瞬がもったいなくも感じます。次に全く同じ瞬間がないということはそれだけ儚くもあり、それだけ大切なことだからです。

一度きりの人生をもう一度考えてみる

今を一生懸命生きようというのはよく言われることで、特別異論はないのですが、一度きりの人生は瞬間がつながってもいます。そのため、人間は中長期的に物事を考え、行動をすることが出来ます。

開き直っても慎ましく生きても、淡々と生きても目標や目的に向かって生きても、人生は一度きりです。何が自分にとって価値あるもので何がそうでないのかもタイミングによって変わります。一度きりということの存在が強大なものだとしたら、その一度きりの意味を自分に問う事なく自分の人生を過ごしてしまう事なのかもしれません。

一度きりの自分の人生、どう過ごしてみますか?