ネットショップ運営のポイントとは?

ネットショップ運営をしていると様々な気付かなかった出来事があります。返品、クレーム、商品の発送、交換等々、ネットショップ開業ネットショップ作成はポイントさえ外さなければ簡単ですが、運営がうまく動き始めてからこそが本当の勝負です。

ネットショップ運営は個人から

ネットショップのいいところは個人でも十分運営が出来ることです。もちろん、取引のボリュームが大きければそれに比例して人員も必要にはなりますが、今の時代そうしたもののほとんどに代行サービスがあります。ネットショップ運営代行だけでなく、配送代行、注文管理代行、電話秘書等々、特別に雇用をしなくとも、外部のサービスを利用することである程度の規模までならネットショップ運営は一人で十分出来ます。

また、ほとんどのネットショップは一人、あるいは夫婦や家族など小規模なマイクロビジネスとして始まります。そこに問題は全くありません。逆に最初から法人で気合いを入れてどうこうするほうがリスキーですし、コストもかかります。しかし、賢いネットショップオーナーはほとんどの場合、まず一人の体制から始め、さばききれなくなったところで外部の人員をどうするかを考えます。

一人で行うネットショップ運営の種類にはいくつかのものがありますが、基本的には商品に関する質問への対応、そして注文処理(含配送)、商品のアップロードや入れ替えの三点しかありません。一番重視しなければいけないのが質問への対応、その次に商品のアップロード-これはアップロードというよりも商品説明を書くことを指します-で、最後が注文処理です。これらのことを行うのが一般的なネットショップの運営内容になります。

ネットショップ運営でも顧客対応が要

ネットショップ運営をしていて最も重要なのは質問や問合せに対する対応です。本当のところを言えば、質問や問合せがないくらい商品説明を詳細に書くのが通販の基本なのですが、ネットショップ開設当初は質問や問合せもそれなりにあります。この時どのように対応するかによって、売れ行きは変わります。誰でも対応が悪いところから買いたくないからです。

したがって、ネットショップ運営にはフェイズがあり、まず問合せや質問に関する対応に対して配慮をしておく必要があります。具体的には、問合せフォーム等からの問合せに対して誰がどのように対応するのか、いつまでにレスポンスするのか等になりますが、日本人はせっかちで時間にうるさいので、早ければ早いほど良く、当然のことながら丁寧なら丁寧な程良いです。

ネットショップ運営成功のためのスキル

ネットショップ運営をしていく中で身についていくコミュニケーションスキルもありますが、基本はいつでも、早く、丁寧に、です。中にはどうしようもない対応しかしないネットショップもありますが、そうしたネットショップは時間の問題で市場からなくなります。したがって、ネットショップ運営を成功させるには、対応が第一です。対応に細心の注意を払い、その対応を出来るだけ二度しないですむようにネットショップ上に記載していきます。

例えば、よくある質問に記載することも出来ますし、特定商品の問合せでよくあるものは商品説明に書き加えるべき内容です。ネットショップ運営でやらなければいけないことは大きくまとめてしまえば単純な三つしかありません。後は取引のボリュームに比例して人員の数を決定すれば良いだけのことです。ただ、単純なことこそ大切ですので、ツールや自動化に頼りすぎた間違ったネットショップの運営をして人間のユーザーを逃さないようにしたいものです。