ネットショップ作成のポイントとは?

ネットショップ作成にはポイントがあります。ネットショップを開業するのと同様に今やネットショップらしきものを作成するのは誰でも簡単に出来ます。ツールやシステムが用意されているからです。

ネットショップ作成ツールで稼げるのではない

ネットショップ作成ツールやシステムは、ネットショップらしきものを作成出来るだけであって、開業と同様、売れるネットショップになるとは限りません。したがって、ネットショップ作成ツールのどんなに高機能なものを選んでも、そのネットショップが作成後に稼げるかどうかは別の問題になります。

ほとんどのネットショップ作成ツールは売り手であるネットショップオーナー側に対して管理しやすくなっています。例えば商品の登録が簡単であったりといったことですが、こうしたことがいくら簡単でも、外側であるネットショップ側はユーザーが見るので、簡単に購入できるとも限りませんし、そもそも簡単に購入できる状況を作りださなければいけません。

売れないネットショップは作成してもユーザーから見た時にカタログとしか映りません。これは初心者の大きな誤解の一つで、ネットショップはカタログだから売れるのではなく、通信販売のノウハウが組み込まれるから売れるのです。したがって、ただ商品を陳列しているだけのネットショップを作成してしまっている場合には、大きな変更をしていかないと売れるネットショップになりません。

ネットショップ作成は商品単品から

ネットショップと言えども通販であることに何ら変わりはありません。したがって、ネットショップ作成は、単品を丁寧に売るところから始めるのが最もその後売れるネットショップに成長するポイントです。単品商品が売れないのに並べておけば売れるというのは大きな誤解です。しかもその誤解に輪をかけて、商品点数が多いがために、一つ一つの商品説明が全然なされていない場合などもあります。

成長期にある商品で誰もが知っていて、ライバルは少なく、さらに皆が欲しがる商品を売っているのであればそれでも売れますが、ほとんどのケースはそうではありません。したがって、単品をまず売ってみる。それでも売れなければどうしたら売れるようになるのか考え、試行錯誤をしてみます。これで単品の商品が売れるようになったらはじめて商品を簡単に増やしていけばいいのです。

この順番を間違って、まずネットショップ作成と言えば商品点数が鍵だ、などと考えてしまうと、ネットショップ作成は失敗します。ECツールやECシステムを売る会社はそういうことは教えてくれませんが、ネットショップ作成は単品から始めるのが、通販のプロです。間違った認識に基づいて売れないネットショップ作成をしないようにしたいものです。