メソッド

メソッドとは、特定の目的を達成するための手順や順序を体系化した教育プログラム、育成プログラムのことです。

メソッドとは?

小学校の授業過程も教育メソッドであり、兵士養成プログラムも教育メソッドです。 ヴァイオリンの教育プログラムで有名なものに「鈴木メソッド」、ピアノでいえば、「バイエル」というように、ある順番であることをしていけば、高確率でヴァイオリンやピアノが上達していくというもので、これをメソッドと呼びます。

鈴木メソッドにせよ、バイエルにせよ、簡単な曲で高度なテクニックを使わないものから段階を踏んでいきやすいように、曲順が決められているため、効率よく上達するようにメソッド化されています。

他にも面白いところでは、役者の世界でもメソッドが存在します。 ある役者が特定の役柄を演じるために、出来る限りその演じる元となる人に近づくために同様の生活を試みることがあります。例えば、1ヶ月程度、本当に島で生活をしたり、歯を抜いたりといったものです。

なぜ、そうまでするのかといえば、アクターとして、その役柄を限界まで演じれるように、その人本人に成り代わるほどに思考、行動すべてを自分に落とし込むためです。 これを、役者によるメソッドの追求といいます。つまり、演じる役の人間形成メカニズムを法則化、ルール化して自分に落とし込み、思考、行動を自分のものになるくらいにまでパターン化、体系化して埋め込むということです。役者の世界のメソッドというのは、それを追求することで、よりリアリティを持って、場合によってはオリジナルと違う良ささえも引き出して演じることが出来る方法論を指します。

メソッドの意味を読み解く

このように、ある特定の事柄を再現性を持って、第三者が可能になるための手順や順序、それを体系化した教育プログラム、学習プログラムのことをメソッドといいます。 メソッドを開発する側にとって大切なことは、いかに再現性を高められるかになり、メソッドを享受する側にとって大切なことは、いかに無垢に受け入れるかになります。