情報発信の内容、もたらす意味とは?

サイトやブログなどでコンテンツや情報を発信をする場合、どんな事から発信していけばいいのか悩んでしまうことがあります。スモールビジネスで一番多いパターンでは、新商品情報がありますが、これよりも優先したほうが良いコンテンツや情報の内容というものがあります。

新商品情報よりも必要なコンテンツ・情報

新商品の情報よりも必要となるコンテンツや情報の内容は、商品やサービスの具体的なこだわりです。一体どんなところにこだわって商品やサービスを提供しているのか、一体どんなところがこだわる顧客の感動を導くのか。

新商品情報は、大抵の場合スペック一覧にしかなりません。しかし、スペック一覧だけで売れるには、ブランド力、価格優位性等の競争をする必要があります。なぜなら、インターネットでは競合他社も同じように情報発信をしているからです。ところが、こだわりが具体的に発信されているブログやホームページの場合では、比較検討する部分が商品やサービスだけではなく、売り手そのものに変わってきます。

ブランド認知度がないことを知る

スモールビジネスでは、ブランド認知度、知名度がない事を意識しなさ過ぎる為に、大手ブランドと同じようなコンテンツや情報を発信をしてしまっているケースが多くあります。そのため、大手ブランドを真似て、広告宣伝費を多くかけてしまったり、デザインの見栄え部分だけを変更しようとしてしまいます。

ところが、問題は知名度を見かけで作り出そうとしてしまう事ですから、思うような結果には辿りつけません。そのため、そうした認知度がないことを受け止めた上で、それとは異なる方法が、こだわりを伝えはじめる事です。

こだわりを伝えはじめると、サイトやブログで、初めてその売り手と接したユーザーにとって、「どんな人(売り手)なのかが分かる」事からコミュニケーションがスタートします。 社長ブログにもこうした意味があります。単なる広報だけではなく、その会社の社長がどんな人なのかが分かる事によるコミュニケーション力の強化というメリットがあるのです。

コンテンツや情報を発信しないと埋もれてしまう

既にコンテンツや情報はオンライン、オフライン問わず多く溢れています。しかし、そういったコンテンツ・情報を全く発信せずに、商品を新しくしたり安くしたりするだけでは、今後生き残っていく事すら難しいでしょう。コンテンツや情報が発信されていない売り手とされている売り手とでは、当然後者の方が顧客に選ばれます。発信されていて、なおかつ具体的でわかり易ければ、より一層、選ばれる理由になります。

また、コンテンツや情報を発信をすると、ネット集客だけではなく、営業システム自体がスムーズに進みます。なぜかというと、営業上必要な情報が事前にユーザーに届けられているからです。問合せを受けても、質問に答えていくだけで、クロージングが終わってしまうように、コンテンツや情報を発信をしていると、マーケティングシステムが動きはじめます。これがコンテンツマーケティングのパワーです。

あなたがまだ何も有益なコンテンツや情報をユーザーに発信していないのであれば、今すぐとりかかるのが良いでしょう。幸いな事に、今の時代にはブログ、メルマガ、ソーシャルネットワークをはじめ、簡単にコンテンツや情報を発信できる仕組みや環境はすぐ手の届くところにあります。マーケティングシステムがコンテンツや情報を発信することによって動きはじめると、実際に労働しているのは、人間ではなく、人間が発信したコンテンツや情報となります。