ユーザーが購入することの意味が変わった

ユーザーが顧客としてコンバージョンしてくれ、ネットショップやECサイト等の商用ホームページから何かを購入する時、単純に必要だから購入する商材以外では、購入することの意味が変わったのが現代の先進国ユーザーです。そして、購入することの意味が変わったということは、マーケティングメッセージも変える必要があるということです。

物事の意味が大切になった

マーケティングはとても小さな、中小企業や個人事業主でも必要不可欠ですが、単純にユーザーを獲得するだけではなく、ブランディングという要素が大切になってきました。そうでなければいつまでたっても同じようなマーケティングを行う競合他社との差別化が出来ないからです。

憧れや知名度といったものだけがブランドではありません。ブランドとは「ここなら私との約束を果たしてくれる」という信頼です。そのブランディングの中の要素として、物事の意味というものをユーザーは気にするようになりました。

あってもなくても別に変わらないものは、もう要らず、その何かを購入することで、何かしらユーザーにとっての意味が存在することが、今、ブランドに必要とされていることの重要なポイントです。したがって、何を売っていても、必要商材でない限り、物事の意味、という付加価値が伝えられなければマーケティングはブランディングまでいかなくなってしまいました。

その意味に共感出来るかどうか

物事の意味には、本質的、精神的価値観が大きくその意味を左右します。なぜそれが顧客の人生や生活に意味をもたらすのか、どのようにユーザーのライフスタイルを変えてくれるのか、そういった価値がマーケティング上伝えられるかどうかでブランドが築かれるかどうかが変わってきます。

一方、マーケティングという観点からはそれを単純に伝えれば良いというものではなく、あくまでも共感してもらう必要があります。なるほど、これなら私の人生はこう充実するな、とユーザー、顧客に感じてもらう必要があります。そして、そのマーケティングで訴求した約束が果たせた時にはじめて一人の顧客との信頼関係が結ばれ、一つブランドが築きあがります。

ユーザーが顧客としてコンバージョンしてくれ、あなたのネットショップやホームページといったところで収益を与え続けてくれるためには、もはや手先のアクセスアップやネット集客だけでは存続することが難しい時代です。したがって、販売する商品やサービスには顧客にとっての意味づけが必要です。また、その意味に共感してもらえるようなマーケティングメッセージを伝える必要があります。