マーケティング

マーケティングとは、誰に何をどうやって買ってもらい、どうやってリピーターになってもらうかを考え、行動することです。

マーケティングとは?

辞典を紐解きマーケティングの意味についてまとめてみると、商品の販売増にむすびつくような仕組みを、生産、流通、広告、販売の各段階でつくりあげるすべての活動をさし、主に顧客のこと、顧客との関係性に関するあらゆることを指します。

「マーケティングの目的は、セールスを不要にすること」だと経営の神様ピーター・ドラッカーは言っています。例えば、マクドナルドのマーケティングは、その効果により、店舗に入る時には既に何かを注文するので、何を注文するかを決めてもらう手伝いをするだけです。

メルマガやニュースレターを発行しているところに取引商談が入る時というのは、その取引商談をするために何か特別な売り込みを行ったわけでもないのに、注文をするためにコンタクトを取ってきてくれたことになります。

マーケティングの意味を読み解く

受身でありながらセールスが完了する、という結果をもたらす為の活動がマーケティングです。 このことからも分かるように、商品のネーミングは生産段階の取組ではあるものの、それによって受身でありながらセールスが完了させることが出来るのでマーケティングの一環です。

また、流通においてもコミュニケーション戦略やビジネスモデルの構築の時点でそうした要素が入り、それによって販売増や顧客獲得がなされたりするためマーケティングです。 まれにマーケティングリサーチのことをマーケティングだと誤解している人がいますが、リサーチは準備に過ぎず、実際のマーケティングは誰に何をどうやって売り、どうやってリピーターになってもらうかを考え、行動することです。