アメリカ英語とイギリス英語の違い

結論を先にいうと、海外の多く、世界で一番通じる英語は、英会話であれば、イギリス発音のアメリカ的英文法で、ライティングやリーディングではアメリカ英語スペルだ。特にESL同士ではこれは顕著だというのが個人的な実感だ。... » Read More

ビジネス英語での感情表現

英語のテクニカルな点でスピーキングやリスニング、英文ライティングやリーディングがどれだけ出来てもメッセージに内容がなければ英語を使う意味も場面もありません。誰もが英語を勉強し、英語圏の文化を含めて学習していくと次第にわかってくることですが、ビジネスや仕事での英語には論理的思考力や説明力だけではなく、感情表現が不可欠です。... » Read More

海外、特に英語圏で通用するような論理思考力

日本では特に女性は直感力タイプで、論理思考力タイプは男性、のような二元論が言われますが、海外、特に英語圏ではそうした言い方はそもそもセクシスト的ですし、もともとどっちもどっちです。日本でも同様で、直感タイプの男性もいますし、論理思考タイプの女性もいます。しかし最終的に論理思考力、もっと言えば論理的説明力はジェンダー問わず仕事のスキルとして欠かせません。... » Read More

Sexist(セクシスト)とFeminist(フェミニスト)

知らない人のためにSexist(セクシスト)とFeminist(フェミニスト)についてざっくりと説明します。これは英語、英語圏の文化など割と大きな範囲でコンセプトとして共通認知されているものです。Metooハッシュタグのセクハラ騒動や事件などのこともものすごく元を辿っていけばこうした意識につながるかもしれません。いずれにせよ、外国人と仕事をしたり顧客として喜んでもらうには今や必須といってもいいくら... » Read More

外国人顧客へのコンテンツライティングで大切なこと

英語ウェブサイトやインターネットそのものを利用して外国人顧客とのビジネスや海外へのマーケティング、あるいは訪日、在日外国人の集客を行う上では、どうしても、グローバルな感覚が必要になります。そうしたことを踏まえた上での日本人独特の感覚はアイデンティティとしてユニークさにもなりえますが、欧米に代表される海外の文化、特にフェイス(Faith)の違いへの理解は言語の壁以前に避けて通れない大切なことです。... » Read More

論理思考はビジネス英語スキルをアップさせる

論理思考を用いるとビジネス英語スキルは上達します。といっても、英語がペラペラになるというわけではありません。しかし、国際ビジネスに限らず英語での仕事やビジネス、あるいは英語ウェブサイトコンテンツなどでは、必要なビジネス英語のスキルが論理思考をしていない場合と比べると格段に向上します。... » Read More

英語ウェブサイトの制作前、翻訳前の基本的なこと

ウェブサイト(含ECサイト/ネットショップ)やブログを英語で作成したり、あるいは英語に翻訳することで海外への販売や外国人客の集客を開始する場合、作成方法自体は様々です。しかし、どのような英語サイトを制作する場合でも、ビジネスの成果を期待するのであれば、知っておきたい基本的なことがあります。... » Read More

ebayやヤフオクでテストマーケティングする方法

ECサイトやネットショップを運営している、あるいはこれから立ち上げようとする場合、自分のサイトで扱う商品がどの程度の市場性や価格ニーズがあるのか知りたいシチュエーションがあります。こうした場合、テストマーケティングをするのが一番ですが、それをebay(イーベイ)やYahoo!オークション(ヤフオク)のようなC2C市場において行うことが出来ます。... » Read More

デジタル商材の海外電子商取引で気を付けたい事

電子商取引(EC)、ここで言う電子商取引とは、通常の物理的な商品の物販ではなく、デジタル商材での海外取引のことです。例えばソフトウェアを通販し、ソフトウェアのダウンロード自体はオンラインで、パスワードやシリアルなどを購入者に送信すると発送完了になるような商材を販売する際等を指します。... » Read More