自分を変える未来思考のために過去を振り返る

過去を振り返るなとはよく言われますが、自分を変えたい時、これからの人生や仕事を変えていこうと未来思考する時には、自分の過去を振り返ると良いことがあります。なぜなら、人の人生やキャリアは必ず過去から現在、現在から未来へとつながっているからです。

過去を振り返ることは「今」と「未来」を知ることにつながる

幼少期に書いた作文を今見ると懐かしかったり、感慨深かったりするのと同様に、人間の思考は通常、特に意識しなくても変化します。そうして「過去」を明確な形で知ることが出来れば「今」とどのように違っているのかという根本的な変化に気付けます。そして、変化に気付けるとすれば、どのようなベクトルで自分の人生が進んでいるのかが、よりはっきりと理解できるようになり、「未来」を創り出すことが出来ます。これが未来思考です。

過去を振り返ると、自分の人生や仕事の成り立っている土台を理解することが出来、霧が晴れるように「気付き」が溢れ出したり、昨日までは予想だにしなかったアイデアが降ってくることは少なくありません。今まで見えなかった景色が見えてくることで変化が可能になることは多々あるからです。

未来思考で自分の人生や仕事の未来を予測する

未来思考をして、自分の人生や仕事を変えたければいきなり未来に思いを馳せるのではなく、過去を振り返り、現在との点を探してみるのも一つです。点と点がつながると、その線の先にもう一つ二つ点があることが分かります。それが未来思考をすることで自分が理解できる変化の展望です。

車でも車検があり、人間にも人間ドックがあるように、こういった最も基礎的な点検をないがしろにしておいては、よりよく変化をしようとしても、改善できるものさえ改善できなってしまいます。未来思考を言葉通り受け取って未来だけを想像してては、ただ夢を漠然とみることにしかなりません。そのため、一旦自分の過去を振り返り、どのような定点を通過して現在に至るのかを考えてみるのです。

未来思考が出来るようになると、人生や仕事の未来にどのような分岐点が訪れるのか予測することが出来ます。それは完全なものではないかもしれませんが、現在のおかれている状況において選択肢としてどの道を選ぶとどうなるということが道筋として理解出来ます。自分の人生や仕事をよりよく変えるために、未来思考をするには過去を振り返ってみて、今との点と点をつないでみるのが最適です。未来思考、出来ていますか?