リスティング広告

リスティング広告とは簡単に言うと検索連動型広告、コンテンツ連動型広告のことです。キーワードに対して出稿するためキーワード広告、支払がクリック単位であるためPPC広告(Pay Per Click)とも呼ばれ、代表的なものにGoogleアドワーズとYahooリスティング(旧オーバーチュアのスポンサードサーチ)があります。

リスティング広告とは?

リスティング広告は広告媒体会社(GoogleやYahoo)が、そのサービスの中で、さらにディスプレイ広告やコンテンツターゲット広告等、用途等によって分類されていますが、listing(リスティング)なので、こうしたもの全てが含まれます。 一番分かりやすいリスティング広告は、検索結果ページの中でページ上部の1~3行と右側の列に表示されるものです。これらがリスティング広告です。

これ以外については興味や関心、あるいは露出先のコンテンツと広告のテーマ性の一致によって広告を表示します。尚、この場合にはユーザーの検索というアクションではなく、検索の先にあるコンテンツと広告主のターゲットをマッチングさせるものになります。

したがって、リスティング広告には、検索結果に表示されるリスティング広告、どこかのサイトのコンテンツの中に表示されるリスティング広告の二種類があります。GoogleもYahooも、どちらの種類も用意されていますので、日本国内で代表的なリスティング広告は、大別すると計四種類になります。