リンク構築(被リンク対策)によるSEO外部施策

SEOには一般的に内部施策ともう一つ、外部施策があります。外部施策とは、ウェブサイトが検索エンジンから評価を受けるために、いかに良質のリンクが多く集まっているか、いかに多くのところから支持を受けているかがあります。

ハイパーリンクの基本的な思想

元々のインターネットの趣旨ともなる、「良い論文は他の良質な論文からの引用、参照等をされる」という基本思想から発展し、ウェブサイト(ウェブページ)が、他の良質なウェブサイトからのリンクを受けていることは、参照、推薦される程、良質なサイトであるという評価を得ることが出来ます。

したがって、基本的には、リンクを張っている側(発リンク)のウェブサイトが、既に検索エンジンから高い評価を得ているウェブサイトであれば、リンクを張られる側(被リンク)のウェブサイトも高い評価を受けます。 また、関連するテーマのサイトからの発リンクであれば、被リンクを受けるサイトのテーマも、より明確に定義され、同テーマのサイトからの参照、推薦をされる良質なサイトだと評価されます。

リンク元サイトの悪い評価もリンクを伝わることがある

注意すべき点として、発リンクのサイトが、検索エンジンの評価基準にのっとった際、ペナルティを与えられるタイプのサイト(リンク売買を行っているサイトや、フィッシングサイト等の悪質なサイト)である場合には、その被リンクに対して、検索エンジンが評価をしないか、最悪の場合には(密接な相互リンク等)、関連するサイトとして検索エンジンからのペナルティを受けてしまう危険性もあることです。

良い被リンクだけ評価が伝わって悪い評価は絶対に伝わらないということはないからです。Googleなどはそれを見破る技術をアップデートしていますが、完全にはいかないかもしれません。だからと言って検索エンジンやユーザーを欺いた検索順位の操作に成功してもすぐに市場退場を迫られます。したがって、小手先のリンク対策等をせず、ユーザーに役立つようウェブサイトを構築し、自然リンクが集まり続けるように、サイトを育てていくしかありません(自然と張られるリンクのことを自然リンク、ナチュラルリンクと呼びます)。

こうした正統なアプローチ(ホワイトハット)が出来ないのにリンクだけをアンフェアに集めようとしても、徒労に終わるだけ、あるいは市場からの退場を迫られるです。あくまでもリンクは後からついてくる、という考えをベースにおいて、適切なSEOを行いたいものです。とはいえ、自然リンクが集まり始めるのを待つ前に、いくつかの働きかけを行うことは出来ます。

価値の高い被リンク

自然リンク以外に、働きかけによって獲得出来るリンクにはいくつかの種類がありますが、中でも価値の高い被リンクは二種類あります。トラストリンク(信頼出来るサイトからのリンク)とオーソリティリンク(権威サイトからのリンク)です。これらについては、コストがかかるものもありますが、働きかけを行うことで、被リンクを獲得出来、それが検索エンジンからの評価にもつながります。

ここでいう価値が高いとは、特別に支持を集めているサイトからのリンクでない限り、個人の方がブログの中で張ってくれる自然リンク一つよりは、トラストリンク、オーソリティリンクは1本あたりの被リンクが、検索エンジンからの評価につながりやすいということです。トラストリンクもオーソリティリンクも、「良い論文は別の良い論文から引用、参照されている(良いサイトは別の良いサイトからリンクを受けている)」の基本精神によって、検索エンジンが評価対象にしているからです。

※ トラストポイントやオーソリティポイントというようなものがあるわけではなく、そうしたリンクの種類が価値が高いとされているということです。

トラストリンク

トラストリンクとは、信頼出来るサイトからの被リンクのことです。具体的には、ポータルサイト等のメジャーサイトからのリンクがこれに該当します。

参照:オーソリティサイトとは?

ディレクトリ登録・ローカルエリアサービスへの登録

トラストリンクの代表例として、以前では、ポータル各社が運営するディレクトリサービスへの登録がありました。しかし現在ではそれによる検索エンジンからの評価自体はないものとされています。しかし、ディレクトリサービスからリンクは、SEOの外部施策としては、正統なプロモーションです。なぜなら、ただ被リンクの評価がないとしても、少なからずユーザーの集客間口を広げるからです。

自分のビジネスに関連してユーザーを集客できると考えるのであれば、それはSEO以前にネットからの集客として価値があります。それを検索エンジンが評価しないからというだけで躊躇するのであれば本末転倒で、それらは真っ当なプロモーションの一環です。

公共サイトからの被リンク

似たような被リンクの種類に公共サイトからのリンクは文脈によってはオーソリティリンクとも呼ばれます。大学や地方自治体、公共団体等の公共に有益であることが目的とされるサイトが公共サイトです。大学や行政機関のサイトの場合、ドメイン名が、xxx.ed.jp(初等・中等教育機関専用のドメイン)、xxx.ac.jp(高等教育機関専用のドメイン)であり、そもそもその資格がある団体でないとそうしたドメインを所有できません。

そのため、そのドメインの運営者に働きかけを行い(納入実績や研究協力等でリンク掲載をお願い出来る場合等)、リンクをしてもらえるのであれば獲得するにこしたことはありません。 商工会議所等の団体や、業種によっては資格認定等を行う各協会のウェブサイトもこれに該当します。特定団体等に属している場合などには、各団体のサイトを確認したり、問い合わせてみることで、意外な価値ある被リンクを獲得できることがあります。

もちろんコストがかかるのであればそれはリンク購入にも繋がってしまうので気をつける必要がありますが、誰でもお金だけ払えば買えるリンクがリンク売買であって、一定の条件を満たしてさらにお金を払わないといけないものをリンク売買とは呼びません。したがって費用対効果を集客できるかどうか、ユーザーにとって信頼力が上がるかなどの指標で決定すると良いでしょう。

オーソリティリンク

オーソリティリンクとはサイトとして権威あるサイトからの被リンクのことを指します。業種によっては、業種の中でのメジャーサイトからのリンク等が挙げられます。 業種の中でのメジャーサイトというのは、不動産等であれば、Home’sやatHomeのように、不動産情報サイトとして、地位を築いているサイトを指します。不動産以外でも、「ぐるなび」のように、飲食店情報サイトとして、特定テーマに特化したメジャーなサイトからのリンクは、オーソリティリンクとして評価を受けることが出来ます。また、歯医者さん.comのように、特定テーマの情報を専門的に扱っているサイトもこれに含まれます。

被リンクの価値をどう判断すればよいか

実際には、トラストリンクからの被リンクで何ポイント、オーソリティリンクからの被リンクで何ポイントのように、検索エンジン側では計算しているかもしれませんし、していないかもしれません。したがって、「では、いくつあれば良いのか?」「どれが何ポイントなのか?」といったことを気にする必要はありません。

とはいえ、「現在どれくらい評価されているのか?」といったことは、度々更新される検索結果の表示順位によっても把握できます。したがって、リンクを張ってもらうことがお願い出来たり、サイトを登録するだけでリンクを張ってもらえることが分かるのであれば、まずはそうしたトラストリンク、オーソリティリンクを獲得することが、SEOの外部施策として、優先順位の高いことだといえます。それ以外には自然にリンクが貼られるのを気長に待つか、良質なコンテンツをサイトに追加していくことでより多くのサイトやブログから被リンクをもらう以外にありません。