情報アーキテクチャ(IA)とは?

SEO対策の具体的な施策の内、コントロールが可能で、なおかつ極めて基本的な要素が、情報アーキテクチャです。情報アーキテクチャとは、簡単に言うと情報の構造、構成をどのようにするか設計することです。Information Architectureの略でIAとも呼ばれます。

SEO対策で検索エンジンから評価されやすいサイト

残念なことに、サイトの全てが一定水準の中で、全て同じように検索エンジンからの評価対象になっているわけではありません。そのため、全く評価対象として見てもらえないサイト(例えば、あるテーマについて書かれたサイトなのに、関連するキーワードで検索しても検索結果に表示されない等)というのも数多く存在します。

適切に評価されやすいウェブサイトは、サイト全体の構造やそれぞれのページの中での文書内容や構造が論理的に整理されており、外部からのリンクを多く受けているなどの条件によって検索エンジンから評価されやすくなります。(あくまでも評価されるということではなく、評価されやすくなるということに注意)

サイト構造が論理的であれば人もロボットもクロールしやすい

サイト全体の情報設計が論理的であるというのは、まず、メニュー等の階層構造、リンク構造が整理されていることです。その上で、その下に連なるページがそれぞれのページテーマにそっており、ページ単体で見た際にも、適切なHTML文書構造になっていることが挙げられます。

情報アーキテクチャが適切になされているサイトは、検索エンジンのクローラーも人間のユーザーも全体をクロールしやすくなります。また、サイト全体が伝えようとするテーマを把握し、その各々から単一ページに内部リンクなどがあることで、サイト内の各ページの評価もされやすくなります。

情報アーキテクチャに失敗したウェブサイトは根本的にホームページを設計段階から作成しなおしたほうがいい場合も多々あります。それ程重要にも関わらず、ほとんどのウェブサイトでは小手先のSEO対策に終始し、サイトの基本構造を見直そうとはしません。それでは一体、SEOでいうところの情報アーキテクチャとはどのようなものなのでしょうか。

サイトの論理的な階層構造

ウェブサイトの構造が階層構造に沿い、適切な内部リンクによってつながっていればいるほど、ページ数の多いウェブサイトであっても、クローラーからの巡回漏れが少なくなり、検索エンジンからの評価を得やすくなります。これは人間のユーザーも同じです。

ウェブサイトの階層構造というのは、ウェブサイトが次の図のように、ページの内容によって、それぞれが「論理的な」階層に沿っているものです。

情報アーキテクチャ階層構造の例

これは簡単な例ですが、逆に、階層構造をなしていないケースというのは、上図でいえば、サービス紹介Aのページの下にサイト全体(会社全体)に関わるよくある質問がぶらさがるような構造であったり、トップページ以外全てのページがトップページからつながり、第2階層に位置するようなケースです。ワンクリックで全てのページに行けるサイトは一貫性のあるテーマであれば功を奏しますが、会社ホームページなどではなかなかそうもいかないのも現実です。

サイトの階層構造がちぐはくであれば検索エンジンもユーザーも迷う

例えば、中古車に関連するサイトがあった時に、第二階層(第一階層はトップと法定表記ページのみ)に車種があり、その下の階層にカラーバリエーションがあるとすれば、そのサイトは車の種類をテーマとした論理構造を持っているといえます。

対して、第二階層にカラーバリエーションがあり、その下の階層に車種があるとすれば、そのサイトは車の色をテーマとした論理構造を持っているといえます。さらに極論すれば、車は関係なく、色をテーマとした論理構造ともいえます。したがって、このように設計に失敗した場合、目的とする車に関連するテーマ性は伝わりづらく、どうあがいても色に関するテーマだと捉えられてしまいます。

人間ならまだ、がんばって下の階層まで見れば分かりますが、検索エンジンはロボットの場合、ここの違いは後々ページが増えれば増えるほど大きく乖離していきます。論理的な階層構造とは、簡単に言えば、大上段に何があり、それを支える論には何があり、さらにそれらを支える論には何があるのかといったピラミッドを構築することです。これが情報アーキテクチャ(IA)の根幹になります。

サイトテーマが論理的であるとなぜSEO対策にプラスなのか?

サイトテーマが論理的であるとなぜSEO対策にプラスに働くのかですが、一つ目にユーザーに対して使い勝手が良いということは滞在率が高まることで検索エンジンもそれを評価してくれるからです。二つ目に内部リンクの関連性、テーマ性が高まるからです。

例えばいわゆる普通の日記ブログの場合、単一ページから前の日と次の日に対して内部リンクが貼られます。この場合、ある日付はその前後の日付に対して一定の評価を渡します。結果、前後のページは日付という事柄例えば何年何月何日ということについて評価をもらうことになりますので、検索エンジンもそうした評価をしやすくなります。

これと比べて、ある特定のテーマに沿ったウェブページ群がそのウェブページ群をまとめるカテゴリーなどに評価を渡し、そのカテゴリーではその共通テーマについて評価を分かち合えば、検索エンジンも複数の評価基準の中の一つとしてそう評価しやすくなります。日記の場合で言えばある個人の日付に対する出来事がテーマなのでそれでいいでしょう。しかし、ビジネスでSEO対策をするのであれば、テーマが乱雑に内部リンクとして評価を与え合うよりも、集中と選択をしながら内部リンクででも評価を与え合う方が良いことはお分かりかと思います。

テーマがページ群でまとまっていて内部的に繋がっていれば、人間も検索エンジンもそれを認識します。するとそのテーマに対して評価の対象になります。評価の対象にならなければいくら頑張っても評価されません。これが、なぜSEO対策で情報アーキテクチャが大切になってくるかの理由です。