ウェブページの論理構造はコンテンツの評価に関わる

ウェブページというのは、ブラウザで実際に表示される単一ページのことです。つまり、情報アーキテクチャでいうところの末端ページのことですが、この単一ページのコンテンツが論理的な文書構造になっていることはSEO対策ではコンテンツの品質評価に関わってきます。

検索エンジンから評価を得られやすいウェブページ

多くのウェブサイトでは各々のウェブページの構造よりも、トップページ等の見栄えを重視し、飾り立てや、マルチメディア要素等のデザインに重きをおいています。しかし、構造を意識せずにただ見栄えだけに重点をおいて作られたウェブページは、SEOの観点から、検索エンジンからの評価を得られにくいページになってしまいます。

見栄えの代表となる、画像やFlashといった要素だけで構成されたウェブページや、そうしたページばかりのウェブサイトは、検索エンジンから見た際、ほとんどコンテンツが掲載されていないと判断されがちだからです。もちろんこの要素一つだけで評価が決まるわけではありませんし、文章コンテンツが少ない写真などのサイトやページが評価されないわけではありません。しかし、文章コンテンツが満載のページとそれ以外をその側面で比べれば、検索エンジンからの評価のされやすさには違いが出ます。

文章コンテンツとメディアコンテンツの基本的な違い

例えば、200文字の文章を一枚の画像にして掲載するのと、200文字をテキストコンテンツによって掲載するのとでは、後者のほうが検索エンジンから情報量が多いと判断され安く、コンテンツの内容を認識してもらいやすくなります。画像の中に書かれたテキストを検索エンジンは認識します。その画像に写っている人物や動物、物を認識します。しかし、今尚発展途上です。

一枚の画像には1000語の意味があるとも言われるように、マルチメディアコンテンツ自体が必ずしも悪いわけではありません。最終的に多くのファンを集めてユーザーが評価するのであれば、検索エンジンは必ずそれを評価しようとします。ただし、時間がかかります。映画のプロモーションサイトやテレビの番組特設ページなどは簡単にユーザーを誘導できますし、広告コストもかけれます。また、SEO対策など、どうでもいいかもしれません。

しかし、それをお手本にしてしまえば、スモールビジネスであっても同じ資本投下を総合的にしなければいけません。したがって、SEO対策で集客を考えるのであれば、まずは文章コンテンツが必須です。テキストコンテンツの少ないウェブページばかりのサイトである場合、狙いとするキーワードがあったとしても、検索エンジンからの評価を獲得することは困難になるからです。ただし、テキストが多ければいいというものでもありません。

ウェブページの論理的なコンテンツ構造

テキストによってウェブページに情報を掲載する際でも、ただ書き連ねるのではなく、論理構造を意識したコンテンツライティング、コンテンツレイアウトを行うと、検索エンジンからの評価は高まりやすくなります。

具体的には、見出しを用いること、画像等には代替テキストを併記すること、1ページに1テーマであること等が挙げられます。ブログでよくある、なぜか一行あけたスカスカの文章表現法がありますが、こうしたものは、情報アーキテクチャにおける掲載方法の中では良い部類ではありません。

見出し等を用いて、文章のパラグラフ(段落)をはっきりさせた論理的なコンテンツ構造が望ましいからです。なぜなら、論理構造的に文章コンテンツが配置されることで、見出し部分も、その次にくるパラグラフも、内容がはっきりし、何についてのコンテンツが掲載されているウェブページなのか、検索エンジンも、もちろんユーザーにとっても分かりやすくなるからです。

論理構造的にレイアウトされた文章コンテンツ

1行あけの文章の場合、センテンス(一文)が連なっているだけなので検索エンジンからすると、詩や俳句のようなものに見えているかもしれません。しかし、検索エンジンは今のところまだ詩や文芸を人間のように解釈したり、理解してくれません。(リンク等による評価はしても、その詩や俳句の中の比喩や表現が、テキストとしての言葉以外に何を描いているのか、どんな意味があるのかを人間のように理解しないということです)

一方、論理構造的にレイアウトされた文章コンテンツの分かりやすいお手本は、ウィキペディアの各ページです。ウィキペディアでは、一つの項目について、まず大きな見出しとして、その項目の言葉があり、次に概要、その次に各見出しごとに文章があり、参照、関連リンク等、1ページの中で1つのテーマに沿って詳細に情報が掲載されています。

百科事典では当然の体裁にも思えますが、ウェブページ単体での評価が検索エンジンからも、ユーザーからも高くなるのは、こうしたページです。コンテンツ掲載量の点からも、コンテンツの一貫性の点からも、そのように詳しく情報が掲載されたウェブページは内容を理解されやすくテーマが伝わりやすいものになります。

HTMLというもの自体がそうして始まった

ウェブページ単体での評価が上がりやすいのは、前述したような論理的構造を持った文章コンテンツです。論文やビジネス文書として優れた文書構造を持つ構造が、評価されやすいウェブページの構造です。端的に言えば、見出し等を用いて整理された文章です。その上で、図表、画像といった要素を活用し、図表・画像を用いる場合には、代替テキストを併記します。

HTMLは、元々こうした論理構造の文書コンテンツを想定して開発されているため、ほとんどの要素については、該当するHTMLタグが存在します。例えば、見出しはH1~H6、パラグラフはP、注釈はASIDE、強調はSTRONG等。どのタグを使うと順位が上がるなどという小手先で無意味なことは忘れて、どのタグを使うと文章構造が美しく伝わる体裁になるのかを考える方が、結果的にウェブページの文書自体が論理的構造になります。

参照:情報アーキテクチャ(IA)