哲学的思考で仕事や人生、ビジネスの価値を高める

哲学的思考とは、哲学的に考えるということですが、そもそも哲学というのが何を指しているのか知る必要があります。哲学とは、簡単に言うと、ある事柄に対して普遍的な原理原則を見つけ出そうとする思考です。したがって、哲学的思考とはある事柄について普遍的な原理原則を見出そうとする思考のことです。

哲学的思考で仕事や人生、ビジネスに価値を見出す

哲学的思考は仕事でも人生においてでも、ふとした時にとても自分にとって、あるいは他者にとって価値の高いものになりやすくなります。なぜならその哲学的思考によって見出された何かしらの普遍的原理を自分の中に持つ、あるいは人に伝えることによって、一度に包括的に物事の結論を導き出せるからです。

また、哲学的思考を行うことによって、多くの場合、自分軸がはっきりしたり、自分の人生や仕事において今どうすべきか、今後どうあるべきかが明確になります。哲学的に思考をするとそうした普遍性のある命題に対して解決の糸口がつかめます。

哲学的思考をする時に欠かせない自分との対峙

哲学的思考をする時には自分との対峙は欠かせません。哲学的に思考するということはそれだけで、過去の自分や現状の自分を客観的に見る必要があるからです。そして、哲学というからにはそこには出来うる限り普遍性がある必要があります。

もちろん時代や環境によって変わることはあるかもしれませんが、哲学的思考をしておいてその場限りでしか通用しない考えというのは、ありえません。繰り返しになりますが、哲学的に思考することで人生や仕事の価値は高まりやすくなります。そうした考えを積み上げていってこそ自分の行いや方向性、どうあるべきかが見え、誰もがより良い方へ向かおうとするからです。

哲学的思考の普遍性をチェックする方法

哲学的思考とは普遍的な原理原則を見出す思考ですがそれが哲学となるものかどうかのチェック自体は単純です。導き出した考えに普遍性があるかないかです。普遍性がなければそれが一時的な考えにしかすぎず、哲学的思考の結果とは言えません。しかし、普遍性があるのであればその思考範囲はどうであれ、哲学的思考の結果と言えます。

それは人類全てに当てはまらなくとも、せめて自分の中では普遍的に通用するのであればそれは自分との対峙によって導き出された哲学的思考の結果ですので、自分の中では有効です。これを仕事やビジネスに応用するのは簡単です。仕事やビジネスを一つの自分として考え、哲学的に思考すると、仕事やビジネスにおけるいくつかの共通した普遍性や原理原則が見えることでしょう。

哲学的に思考することで、人生や仕事、ビジネスはより深みを増したり、良い方向が見えたりします。あなたは哲学的思考をしているでしょうか。