人生やり直すなら

人生やり直すなら別の道を歩みたいと思う人が大半です。でも、中には人生をやり直しても同じ人生が良いという人もいます。誰もが平等に人生はやり直せず、やり直せるようですが、人生やり直すならどう考えればいいのでしょう。

人生をやり直したいと願い、考え始める時

人生をやり直すならどの地点に戻って考えるべきかを、最初に考えることになると思います。これはほとんどの人が分かることだと思いますが、それではその地点に戻れない現実を知った上ではどうでしょう。

あの地点に戻れてリセットしてもう一度別の選択をしていればというのがやり直しの根本的な論理ですが、それは現実的には不可能です。それでも人生をやり直すなら、今いる地点から考えなければ前を向けません。

人は喪失をし、絶望をし、人生をやり直したいと、時に思います。しかし現実的には不可能だからしょうがないと今を見る。これは本当はとても力強いことです。そういうエナジーがない時もあるかもしれません。それでも今を見る。人生をやり直すなら今を見ないとやり直せません。

人生をやり直したいから今と向き合う

もちろん、人生をやり直そうとすれば、その前に過去の現実ときちんと対峙する必要はあるでしょう。何も考えず過去のことを放置して人生のやり直しも何もあったものじゃありません。そこには痛烈な痛みもあることでしょう。それでも人生をやり直すなら、痛みが癒えるくらいまでには対峙しないといけません。

その後には、もしかすると希望が持てるかもしれませんし、希望なんてさらさら見えないかもしれませんが、今、この瞬間が目の前にあることくらいは分かります。その今、この瞬間に働きかければ未来が変わります。

人生をやり直すということは、今、この瞬間に働きかけて、過去からの、単純な延長線上に未来をおかないということです。言ってみれば光の屈折のようなものです。人生のやり直し方など人それぞれですが、人生をやり直すなら、今、この瞬間にどう働きかければ良いのかを考えればいいのではないでしょうか。

今を生きている以上、過去を生きた以上、人生をやり直して未来を変えるには、今にどう働きかければいいのかを考えるのが人生をやり直す唯一の方法のようです。人生をやり直したいと願う時、あなたならどこから考え始めますか?