人生の挫折と向き合う時のアイデア

自分の人生や仕事において、私たちには挫折が立ちはだかることがあります。しかし挫折の衝撃は、一時的に自分の人生が絶望感に覆われることもあれば、それを受け止め、糧としていくことで自分を強くもします。あるいは、ただ苦笑いの失敗と終わることもあります。

人生の挫折が訪れる時

頑張っても頑張ってもそれでも叶わなかった時、訪れるのが挫折です。もう駄目だ、と諦めたらそこで終わりだから諦めなければいいと考えるのも一つです。水平思考のように見方を変えて方向転換してみるのも一つです。それでも時間的な制約、体力、環境等の物理的な制約などから挫折せざるを得ない状況というのがあるのもまた現実です。

挫折するということはその直前まではエネルギーに満ちた時間があります。何かしら情熱を傾け、一心不乱にそのことに取り組み、前だけを向いてぐんぐんと進んでいる状況があったということです。この時間が無駄になるかならないかは、結局のところ自分自身がその挫折をどう受け止めるか、どうショックから癒えていくかによって変わってきます。

人生の挫折からまた前に進むとすれば

挫折というくらいですから時間がかかることもあれば、すぐに切り替えられることもあるでしょう。それでも人間ですから色々な考え方をしてみることが出来ます。人生や仕事で挫折した時、挫折を挫折と思わない方向でもう一度前を向いてみるか、挫折を挫折と受け止めもう一度前を向いてみるか、人それぞれですし、どれが良いとも限りません。

しかし、挫折という人生における一つのイベントは、人生の線上における一つの通過点です。そのためその後の人生の様々な瞬間に、また同じ挫折をしたくないという恐怖にもなれば、あの時と今とでは自分も環境も違うのだから今度はこう取り組んでみようと、次の自己成長の力となることもあります。

繰り返しになりますが、挫折の前にはエネルギーに満ちた時期があります。もし自分の人生やその後の仕事の時間がそうした時間で満ち溢れたものであることを良しとするのであれば、挫折は挫折のままではなくなるかもしれません。挫折が挫折のままであるのは、そこから立ち直れないからではなく、それを失敗と固定してしまうことにあるのかもしれません。人生の挫折をどう解釈しますか?