ネット集客が成功しても反応につながらないのはなぜ?

SEOやリスティング広告によるSEMをはじめ、ソーシャルメディアからの集客など、ネット集客にも様々なアプローチがあります。しかし、ネット集客がどれほど成功し、アクセスアップがなされたとしても全く反応(コンバージョン)が取れない商用ホームページは山ほどあります。... » Read More

サイトテーマの一貫性、シナリオ・物語

SEO対策では重要視されますが、良いホームページの設計を行うには、情報アーキテクチャによってサイトテーマに一貫性を持たせる必要があります。そうしないとGoogleなどの検索エンジンがサイトテーマを読み取ってランキングに反映してくれないことが多いからです。... » Read More

高品質コンテンツによるSEO対策がサイトを育てる

コンテンツが王、英語でContents is King ですが、やはり最後にSEO対策の要となるのはコンテンツです。テーマに沿ったコンテンツが充実し、ウェブサイトが魅力的に育っていくことで、より強力なSEO対策、コンテンツマーケティングがなされます。また、コンテンツの各単一ウェブページの評価も高まりやすくなります。... » Read More

アンカーテキストの最適化による内部SEO対策

アンカーテキストというのは、リンクを張る際の青くなって下線が引かれる文字列のことです。例えば、こちらというリンクのアンカーテキストは「こちら」です。同様に、トップへ戻るというリンクのアンカーテキストは「トップへ戻る」という文字列です。これらを最適化することもSEO対策の一つです。... » Read More

URLの正規化による基本的なSEO施策をする

検索結果には必ずしもサイトのトップページが表示されるわけではありません。また、検索エンジンはURL単位で評価をし、その総合がサイト全体の評価となります。要はドメインの部分にあたるわけですが、この部分のURLが正しく最適化されていないと評価が分散してしまうことにもなりかねません。... » Read More

ページタイトルと説明文の最適化は基本的なSEO対策

SEO対策上、ページタイトルとページ説明文は、二つで一つです。タイトルや説明文をつけ忘れてしまうと、検索結果に表示された時のタイトルとスニペット(タイトルの下にある説明文)が完全に検索エンジンによるものになってしまいます。... » Read More

情報アーキテクチャでセマンティックウェブサイトへ

情報アーキテクチャに優れた構造的なウェブサイトには3つのポイントがあります。ウェブサイトは単純に積み木を積み上げるようにだけ出来上がるわけではありません。ハイパーリンクによる回遊が出来るのがウェブサイトとオフラインの文書の大きな違いです。構造的なウェブサイトのポイントを3つ紹介します。... » Read More

ウェブページの論理構造はコンテンツの評価に関わる

ウェブページというのは、ブラウザで実際に表示される単一ページのことです。つまり、情報アーキテクチャでいうところの末端ページのことですが、この単一ページのコンテンツが論理的な文書構造になっていることはSEO対策ではコンテンツの品質評価に関わってきます。... » Read More