プライオリティ(優先順位)のつけ方

仕事や人生においては、プライオリティを付ける必要がある場面というのが頻繁に発生します。何でもかんでも実行することは時間的制約やそれ以外の制約によって出来ないからです。ではプライオリティを出来るだけ合理的につけるにはどうすれば良いのでしょう。

プライオリティを決定するための取捨選択

プライオリティをつけるために、テストしたり、試してみたりすることは仕事でも人生でもつきものですが、どうしても片方を取ると片方が手薄になることがあります。そんな時は思い切って諦めるという戦略を取り、何を行って、何を行わないのかのプライオリティをつけなければ全てがおじゃんになってしまうことがあります。時間的な制約や、コストの問題などがあるからです。

ではこのプライオリティはどのようにつければいいでしょう。プライオリティをつける際のポイントは目的をはっきりさせる事ですが、そのうち、最も重要度の高い目的は、「成果」です。ここで言う成果とは広い意味での成果ですので、必ずしも稼ぎのことだけを指しません。これは定量面、定性面全てを含んだ成果のことです。

ビジネスや仕事におけるプライオリティの本質

ビジネスや仕事においては、稼ぎに関するプライオリティに簡単な目安があります。稼ぎに関わるプライオリティ付というのは、つきつめてしまえば、顧客(あるいは対象となる人)に関係する内容になりますので、これを利用してプライオリティづけをすればいいのです。

手っ取り早い方法としては、顧客が目にする順番(接触する順番)をプライオリティの基準にすると順番を決めやすくなります。その基準にする事で、行ったテストの結果がどのように稼ぎにどう変化を引き起こすのかが把握できるからです。