マーケティングスキルを磨く方法、考え方を知る

マーケティングスキルを磨くには、マーケティングがどういうものだかを知ることも一つですが、根本的に、マーケティングのロジックは時代が変わってもそれほど仕組自体に変化がないことを知ることです。ここを押さえておかないと、マーケティング屋が次々と繰り出す新たなマーケティング手法やコンセプトに振り回されることになります。

マーケティングがあまり変化しない理由

マーケティングのロジック、メカニズムは時代が変わってもほとんど変化しません。この理由は二つあります。一つ目に、はじめに何かしらで接触をし、その接触を元に関係を受け身的に創り上げていくプロセス自体がマーケティングのロジックである以上、何かを提案(または提供)、訴求して、その対価として顧客からのアクションを得るという構造自体にはある種普遍性があることです。

もう一つは、世間的な認知です。多くの人は世間一般的に見聞きしたりしたこと常識だと考え、その常識に基づき、新たな事象に対する評価を下します。簡単に言ってしまえば、接触する顧客にとって全く初めてで、今までみたことも聞いたこともない、つまり、彼や彼女にとって常識ではないやり方で接触をされれば、評価ができないので不安に陥り、結果マーケティングは功を奏しません。

したがって、マーケティングで言うところの顧客に対して何かを行うというアプローチ、顧客から何らかの反応を得るというロジック自体には大した変化はなく、そのフレームワークの中でコンセプトなりやり方なりが変わるだけのことだと考えれば、マーケティングはさほど変化しないことに気付けます。

マーケティングスキルアップのための考え方

マーケティングメソッドについては既に多くの先人たちが活用し、応用、またはアレンジを施してきた極めて基本的な集客アプローチです。同時に創意工夫さえすれば、今後も応用が可能な王道的なものばかりしか残りません。

細かいディテールは実際に取り組む段になれば否応にも独自のアレンジが必要になりますが、特に単純なハウツーとしてスキルを磨くのではなく、根底にながれるフレームワークを見極めながら、様々なマーケティングのロジック、メカニズムを学んでいくと、マーケティングスキルアップにつながります。

また、巷に溢れるマーケティングメソッド以外にも、多くの集客の仕組みやテクニックは存在します。しかしながら、こうした体系的な仕組みを単体ではなく、出来うる限り網羅的―数多く―に知っておくと、意外な時に発想を刺激します。

マーケティングはつながった仕組みが成功を呼ぶ

自分にはスキルとして活用出来ないと思っていたものが、ある時、ある瞬間に全てがつながるように、スキル単体で知っていても活用が出来なくとも組み合わせるとイケることがあります。したがって、マーケティングスキルを磨くには、その根底に流れるロジックやメカニズムを知った上で、他業界、他業種、自分が顧客となるシチュエーション等で他の仕組みを読み解きつなげることで、知識を含めてマーケティングスキルはアップします。

大切なことは、仕組みを知ること、仕組みのメカニズムを知ること、そして、そのフレームワークを、自分はどのような手順で行えば最適なのか、と自問自答することです。この思考ステップを抜いて創意工夫をしなければどんなマーケティングスキルを身に着けても上手くいかなかったり、成果は短期的なものに終わってしまいます。

しかし、自らが考えだし始め、それをブラッシュアップしていくマーケティングスキルは、本当のスキルとなってあなたを助けることになります。是非、考えを研ぎ澄まし、背景や文脈、創意工夫を忘れないようにしたいものです。