ハイコンセプト

ハイコンセプトとは、芸術的、感性的な美を創造する能力、パターンやチャンスを見出す能力、相手を引き込む物語を語れる能力、関連性のないアイデアを組み合わせてブレイクスルーを生み出す能力などのことです。また、ハイコンセプトという言葉はハイタッチと同じ文脈でよく使われますが、これは、ハイコンセプトというコンセプト自体がダニエルピンク氏のハイコンセプトという本の中で語られているためです。

ハイコンセプトとは?

ハイコンセプトは右脳的であるとされています。つまり、相手に対して理屈でどうこうするのではなく、いかに直観、直感的にいいね、と言ってもらえるかどうかがハイコンセプトのベースになります。例えば、芸術的なものや感性的なものに対して人間は右脳で判断し、後から多少の理屈的な左脳を使っていいね、と言います。パターンやチャンスを見出す能力も右脳がその役割を担っています。

物語に感動したり涙したりするのも理屈ではなく、全体的に鑑みた結果その物語が心を打つからであり、脳で分けてしまえば右脳の反応によるものです。ブレイクスルーなどは正に右脳で、論理的思考は大切ですが、論理的に解決できない問題が、点と点がつながることによりブレイクスルーするというのは、右脳が全体的な事象をイメージとして保っているおかげです。

ハイコンセプトの意味を読み解く

これからの時代ハイコンセプトでない商品やサービス、仕事はどんどんと世界の安い人件費の国へと流れていってしまいます。そのため、高度成長した先進国では、こうしたハイコンセプト、右脳的発想が重要度の高いものになってきています。そうでなければ生き残れない時代に突入しているからです。

ハイコンセプトとは、右脳的発想で新しいことを考え出すということです。そして、既に突入したこれからの時代に必要不可欠なコンセプトです。 尚、ハイコンセプト/ハイタッチには六つの感性が必要とされます。デザイン、物語、調和、共感、ユーモア、意義の六つです。全てを満たす必要はなく、これらの内どれかが、商品なりサービスなりにあるのであればそれはハイコンセプト、あるいはハイタッチであるということです。

参考:ダニエル・ピンク「ハイコンセプト」