人生に疲れた時

人生を生きていると、時として疲れることがあります。仕事に限らず人生全体で、通常生きていれば誰にでも起こりえることです。ただ、人生に疲れたからといって、必ずしも人生が不毛なものになり、復活できないような事態になるわけではありません。

人生に疲れた時、どうするか

人生に疲れたらやはり休息が必要です。これがストレスが溜まっているしまったことが原因だと考えられるのであれば自分なりに発散出来る何かに挑戦してみるのも一つでしょうし、様々な問題が同時に起こったがために人生に疲れたと感じるのであれば、それは一つ一つの問題を丁寧に地道に解決していくしか疲れから癒されることはありません。

生活や仕事、様々な問題が人生において同時に起こった時、思考停止してしまい、その問題を後回しにするということは問題から逃げるということです。人間は問題から逃げてばかりいると心が死にます。

疲れたから休むというのは必ずしも何もしないで安静にしていれば良いというわけでもないのです。時には能動的に疲れを打破するために行動をしなければ癒されないこともあることは、人生を生きている上での一つのライフスキルとも言えることではないでしょうか。

人生に疲れても人生は続く

人それぞれ人生に対する疲れ方やその度合いは大きく異なります。それでも自分の人生は続いていくわけですからどうにかしてその疲れを取りながらまた前進していくことになります。

そのため、人生の疲れを取る処方箋も人それぞれでこうすれば人生の疲れはとれるという万能湿布薬のようなものはありません。大切なことは、休息という、ある時期何も行動をしないという時期を設けるとしても、思考までも停止しないことではないでしょうか。

ゆっくり考えるのと、何も考えないでいる、というのは大きくその後の疲れの取れ方に差が出ます。人生は長いようで短く、短いようで長いものです。疲れが出るのは当たり前だと受けとめ、何が自分を疲れさせているのか、どうすると付け焼刃ではなくその疲れを癒しながら回復していけるのか、静かに考えることこそが、人生の疲れを癒す一つの最適な方法だと考えられます。