コンテンツマーケティングで購買欲求は高まる

SEOをはじめとしたコンテンツマーケティングではユーザーにとって有益な情報を提供することが最終的にビジネスサイドの利益ともなります。この具体的な一つの切り口として、商品を購入した後の喜び、体験を無料情報の形で前もって提供し、購買意欲を高める方法があります。

無料情報で商品の体験を前もって提供し、購買欲求を高める

商品の体験を前もって提供し、購買欲求を高めるためには、無料情報を提供する方法があります。こうした無料の情報提供というのは、極めて応用範囲が広く、どのようなビジネスの種類でも活用が可能です。例えば、ブログでの情報提供をとっても、顧客の為に役立つ情報を提供することで、購買意欲を高めることができます。多くのサイト、ビジネスでは、売りにくい商材であっても前情報を出さないので、購買欲求を芽生えさせることが難しくなってしまいます。

ここでいう無料情報とは、その商品を利用してどのような活用法があるのか、その商品によってどのように生活などが変わるのかといった内容のものから、商品に関連したお役立ち情報、商品を購入する顧客にとって興味の深い情報等、あらゆる情報やコンテンツです。

なぜ購買欲求が高められるかといえば、親切であるからよりも、売り手が専門家であることを暗に伝えることが出来るからです。購入するまでに必要な信頼感の形成が出来ることが最も大きく、その上で、その専門家の提案やアドバイスによって新たな体験や解決をイメージすることが出来るからです。

商品情報しか出さなくても売れるのは、既にブランドが出来上がっているか、既存客に対して関連商品を紹介する時くらいのものです。したがって、無料情報の提供は多くの場面で有効です。また、情報コンテンツの構成次第では、コンテンツマーケティングの全般的な機能だけではなく、SEO対策にも役立ちます。

無料情報提供が集客、収益につながっていくには

見込客に、「それは知らなかったありがとう」と言われるような情報やコンテンツがあるのであれば、それを無料情報、お役立ちコンテンツなどとして前もって提供できないか考えてみます。もちろん、そう言われそうもないどうでもいい情報は提供することに大した価値はありません。

ホームページやブログで全て掲載する以外にも、見込客にハガキ、メール、ニュースレターなどで伝えることも出来ます。また、商品Aに同梱する製品カードに商品Bにつながるようなちょっとした無料情報を掲載することも考えられます。もし、あなたが見込客から専門家として位置付けられる必要があるのであれば、前もって情報を提供しておかなければ顧客は評価のしようがありません。

例えば、不動産業などで多くある例ですが、不動産物件情報を提供するのは、ビジネスの内の実務であって無料情報を提供し、購買欲求を高めるコンテンツマーケティングとは別のものです。あくまで、商品情報を提供するのとは、別に、商品に関連した無料情報を提供するのがポイントです。

不動産業の例でいえば、地域お役立ち情報を提供するのが王道ですし、媒体はホームページよりもアナログのニュースレターが適しています。しかしそうしたコンテンツマーケティングをしっかりやっている会社はほとんどありませんので、やっている会社だけがきちんと集客しています。

情報やコンテンツで集客をしてさらにSEOなどでも集客する

無料情報提供のようなコンテンツマーケティングの基本的で、かつ大きな副産物は、どのようなフォーマットであれ、情報やコンテンツとしてまとめられた文書等は、物理的に蓄積されることです。例えば、数カ月、数年後にはメールニュースを抜粋して冊子にすることも出来ますし、クオリティが上がっていけば有料化していくことも夢ではありません。

ホームページやブログは情報を公開するのが当たり前ですが、そのルーツはこうしたコンテンツマーケティングの一環にあることを押さえておくと、一味違った集客方法として別の集客チャネルでも活用できます。