率直に伝えることは英語をシンプルにする

率直に物事を伝えると日本という社会では疎まれることが多くあります。その風潮の中に奥ゆかしさという美意識もあ流のかもしれませんが、英語で外国人とコミュニケーションをする時に、率直にものが言えないということは主張として何も伝わらなかったり、主張自体がないのとほとんど同じ意味を持ってしまうことがあります。

率直なメッセージはシンプルになる

本来、率直に伝えることは、シンプルで、最終的に相手のためになることは多いはずです。もちろんむやみに他者を傷つけるようなものは率直ではなく、配慮が足りないだけですが、率直に物事を伝えるということは時として有難がられます。結局、率直であるということは、メッセージを伝える上での態度の問題で、誠実であることにもつながるのかもしれません。

一方で率直にものを言うと、日本では「言い方がきつい」と言われることは多くあります。しかし、それを恐れ、慣れてしまうがあまり、英語でも同じように、やんわりと遠回しに何かを言おうとすると、極めて複雑で、英文法的にも難しくなります。

日本人は主張をはっきり言わない、と外国人から良く言われるのはご存じの通りで、何を考えているか分からないから怖いとまで言われることさえあります。主張を述べられない主な原因は論旨が明快でないことに起因しますが、英語ではよく3ワードで、とか1センテンスで述べよ、とよく言われるように、メッセージ自体をシンプルにしてコミュニケーションを進めることを好みます。シンプルなメッセージは、主張する内容も明快になり、会話のテンポが滑らかになります。

英語での主張をシンプルにする思考

日本人の場合は特に、主張を明快にするためにはまず思考自体、何かを伝えようとした時に率直であることを心がけると、簡潔になりやすいように思えます。英語という言語、外国人とのコミュニケーションでは特に、もっと自由で伸び伸びと自己表現をすれば良いし、英語的な思考に慣れてくればくるほど、瑣末な言葉を付け足さない方がいいと知ることになります。

ちなみに、率直である、ということは、回りくどく何を言っているのか良くわからない遠回りをやめ、思ったことをはっきりと出す、ということで、本来、主張とは似て非なるものです。率直とは、自分の考えを包み隠さず口に出すことで、主張とは、自分の考えを、はっきりと伝えることです。それでも、やはりこれは繋がっていて、自分の考えをはっきりと伝えることに躊躇しやすい日本人的思考から一歩踏み出して、包み隠さず伝えようとする思考が、日本人にとって英語のメッセージをシンプルで伝わりやすいものにすると私は考えます。

したがって、まずは率直に英語でのメッセージを伝えようとするところから考え方を変えてみると、英語での主張も自然と―感覚的に―シンプルで明快になっていきます。