ファイル名(含日本語ファイル名)によるSEO内部施策

ウェブページのファイル名を最適化することはSEO対策の一環で、あなたがコントロールできる内部施策の一つです。まず、01.html、02.htmlのような数字等はほとんど意味がないのでやめるのがオススメです。ではどのようなファイル名が良いのでしょう?日本語のファイル名はどうなのでしょう?

ファイル名を最適化することはSEOに役立つ

結論からお伝えしますが、ファイル名を最適化することはSEOに役立ちます。日本国内SEOの場合、ファイル名の優先順位として、日本人で日本語のみを使う検索ユーザーを対象にするのであれば、外来語、英語、日本語ローマ字キーワードです。英語でのSEO対策の場合は言うまでもなく英語が優先で、キーワード的につけるファイル名よりも端的なワンセンテンスのほうが検索ワードとマッチしやすくなります。理由は、それがユーザーにとってもあなたにとっても検索エンジンにとっても分かりやすく伝わりやすいものだからです。

外来語や略語は英文字ファイル名にも検索キーワードにもなる

例えば、「結婚」であれば、married.html(英語)ではなくwedding.html(外来語)等にします。これは関連語ともなりますのでSEOでのネット集客全般からみて効果的です。また、そのキーワードはアルファベットであってもユーザーが検索に使うキーワードである場合が多いのも外来語の特徴です。

似たようなものに、略語というものもあります。例えばSEOは日本語の書き言葉としてもSEOです。PS3はどうでしょう?DIYはどうでしょう?略語は略語のままでも、開いた形どちらでも好きなほうを選べばよいのですが、まれにその略語が複数の意味を持つ場合があります。例えば、SEMは検索エンジンマーケティングの略語でもありますが、顕微鏡の略語でもあります。もちろんファイル名だけで検索エンジンが評価をするわけではないのでそこまで神経質になることはないのですが、こういった場合に備えて、出来るだけ略さない単語の方がオススメです。尚、ここで言う外来語とは、日本で普通に口語として使われている(検索に使われる)、元は外国語の単語のことです。

日本語ファイル名の課題と展望

日本語ファイル名にすることは一時期SEOランキングに影響しましたが、もうそれは影響しないとGoogleも言っているようです。しかし、私は別の点で課題があるが、日本語ファイル名は将来的に良いと考えています。また現状でもSEOに役立つと考えられます。その理由は次の通りです。

Googleは万能ではないし、アルゴリズムは200以上

第一にGoogleが言うからと言ってもGoogleはあなたのビジネスに特別な配慮をしてくれる訳ではありません。検索ユーザーのためにより品質の高い検索結果を返したいのであって、そのためにランキングアルゴリズムをブラッシュアップしています。Googleのような検索エンジンを騙すとかユーザーを騙して集客したいと言うのは論外ですが、現実には日本人にとって日本語ファイル名は検索結果でプラスに働きます。

また、Googleでは検索順位を決定するのに200以上のアルゴリズムを用いていると昔から言っています。したがって、Googleがファイル名を指標の一つに使おうが使うまいがどうでも良いのです。Googleはユーザーのためによりよくしようとしているのであり、あなたもユーザーにより良いコンテンツを提供したいから集客をするのであれば目的は一致しています。したがって、ユーザーのことを考えてみます。

日本人は日本語ネイティブ。では直感的に把握できる言語は?

ご存知の通り、すでに検索結果でURLやファイル名が日本語であればそれは日本語として表示されるからです。これにより、例えば検索順位一位が英語のファイル名、二位が日本語のファイル名だった時のクリック率が変わるはずです。タイトルしか見ない人もいるでしょう。しかし、少なくとも私はURLも見ることが多いです。セキュリティ意識とGoogleが万能だと信じていないことの両方の理由からです。要は検索結果にあるページが本当に自分が探しているページなのかクリックする前に少し眺めると言うことです。これが世界で私だけではないことはご想像頂けるかと思います。

AmazonのURLには日本語が含まれているのはなぜでしょう?日本人にとって日本語は直感的かつ一瞬で理解できるため、URLの一部のファイル名だとしても、分かりやすいからです。ユーザーにとって分かりやすくクリックされやすいファイル名は品質が低いとは思えません。したがって日本語のファイル名はSEO上全く意味がないどころか、検索結果から集客する目的のSEOからすると意味があります。検索順位にはその一つの要素単体ではやくに立たないかもしれませんが、トータルで考えるとそんなことはありません。

日本語ファイル名は最重要課題は面倒くさいということ

一方、日本語ファイル名には大きな課題があります。あなたにとって管理がしづらいということです。いずれGoogleアナリティクスなどで様々なページを分析することになるでしょう。その際などを含めて2017年現在日本語ファイル名は「%と英数字」です。日本語を表示させる方法もありますが、面倒が起きるのは分析の際だけではありません。

内部リンクの張り替えの際、貼り先のURLはファイル名が含まれます。この時のURLは「%と英数字」です。ワードプレスのようなCMSで管理していたとしても、それが言語でない分だけ面倒は増えます。サイト内のページは通常増えていきます。数十ページならまだしも1000ページを越えてこの手間をやるのは大変です。

もう一つあります。サイト自体やレンタルサーバー会社を変えた際のサイト引っ越し、URL引っ越しの際のリダイレクトです。この場合はそれぞれのファイル名を一致させる必要がありますが、「%と英数字」の羅列が人間の言葉になっているファイル名より面倒であることは容易にご想像頂けるかと思います。

現状(2017年現在)こうした管理サイドの手間の点で日本語ファイル名は時間コストや人件費としてデメリットが容易に想像できます。

結局ファイル名のSEO内部施策で日本語を使うべきか?

ユーザーのことやSEO対策でのネット集客だけを考えるのであれば、やるべきです。コスト度外視ということです。私の見解ではビジネスである以上コストとの兼ね合いは考えるべきだと思うので、見合うと思えば今すぐやるべきですし、そうでなければ据え置きです。

ただしどのような場合でも冒頭にお伝えしたように数字のみのファイル名はユーザーのためにもあなたのためにもならないので除外です。また、英文字での優先順位もお伝えした通りです。もしも英語サイトなら日本語をファイル名につけることの方がありえません。日本人のみを相手にするビジネスであれば、ファイル名を日本語にするかしないかはインターネットの環境をみながらいずれ一気に変更するのが望ましいと思います。そのタイミングはGoogleの検索順位ではなく、あなたのサイトの状況やSEOでの集客重要度などあなたのビジネスの中でいくつかのアルゴリズムを組み合わせて決定すべきです。

なお、HTMLファイル名が最適化した方が良いのであれば、当然、画像ファイル名やその他のリッチメディアファイル名も最適化した方が良いことが分かります。したがって、ALTタグ以前に、画像ファイル名やその他動画ファイルなどでも、ファイル名をつけるのであればそれは必ずURLの一部になりますので最適化しないよりもしたほうが良いということになります。

参照:具体的な最適化テクニック