EC(電子商取引)

ECとは、Electric Commerce(電子商取引)の略で、インターネットを介した商取引全般を指します。物販に限定されません。

EC(電子商取引)とは?

B2C(法人対一般消費者:Business to Consumer)、B2B(法人対法人)、C2C(個人対個人)をはじめ、現在では、C2B(個人対法人)までも含まれますのでどういった組織形態から提供され、どういった組織形態が顧客であるかはほとんど意味を持ちません。

例えば、インターネットオークションでのEC、ネットショップでのEC、独自ホームページでの申込みや契約、有料Webサービス等々。ネット上で何か取引をすること全てをECと呼びます。

したがって、独自サイトであるとECではないというわけではありませんし、オークション形態でも、ECと呼ばれます。ただ、限定的に分かりやすいので、オークションはオークション、サイト運営やネットショップ運営はそれぞれ、そう呼び、なんとなく区別しているようです。

このサイトではECはネット上での商取引全般を指し、物販に限定はしていません。限定的に分類する時にのみ、独自サイト、ネットショップ、通販といった呼称を使っています。