人生に夢がある

仕事と夢は別かもしれません。でも人生には夢がほしいところです。もちろん仕事にも夢があるとより良いでしょう。でも大半の人がそうではありません。それでも人生に夢があると、人生の自分なりの価値は高まるようです。

人生の夢とは何か

人生の夢は、何も壮大なものである必要はありません。また、夢リストのようにいくつもなければいけないなんてこともありません。とても小さく、とてもささやかな夢でも人生に夢があれば、それは人生を生きていく上で目標になるかもしれませんし、人生の希望になるかもしれません。

夢は夢のままの方が良いと考える人もいますが、人間には想像力があります。想像力があるから夢をみることが出来、それを抱えて生きていくことが出来ます。また、夢にはとても遠い未来に叶えたいと願う夢と、今それに向かって生きている夢があります。どちらも夢には違いありませんが、前に進む自分の力になる強度が違うようです。

自分の人生の夢は変化する

今、それに向かって生きている夢は達成し、叶うことが出来ると次の夢に変わります。しかし、とても遠い夢は人生を通して叶えることが出来るか出来ないか分からない長い道のりを必要とします。人生に必要なのは本当のところ、こうした前に進む力の種類なのかもしれません。

人一人の生涯の内、夢が叶うこともあれば、夢を叶えられないこともあります。さらに言えば、これが夢だったと気づいていないのに叶ってしまった夢もあるかもしれません。人生において夢を見るのは人間の特権で、誰もが平等に授かっている自由意思です。

自分の人生の夢と共に進む

夢に向かってまい進するのも良いでしょうし、夢があるから今日をがんばれるという支えになるかもしれません。いずれにせよ、人生に夢があることで、今日一日、明日一日が、昨日よりもほんの少し前に進むことでしょう。

人生に夢がない場合もあります。絶望のどん底にいる時や、夢を失ったばかりの時、さすがに夢も希望もなくなってしまうような気持ちになるかもしれません。それでも、何日か、あるいは、何か月、何年かすれば、人は夢をまた持つことが出来ます。

人生はいいことばかりではありませんが、夢くらいはほしいところです。自分の人生に夢、持ってますか?