ビジネス英語での感情表現

英語のテクニカルな点でスピーキングやリスニング、英文ライティングやリーディングがどれだけ出来てもメッセージに内容がなければ英語を使う意味も場面もありません。誰もが英語を勉強し、英語圏の文化を含めて学習していくと次第にわかってくることですが、ビジネスや仕事での英語には論理的思考力や説明力だけではなく、感情表現が不可欠です。... » Read More

Sexist(セクシスト)とFeminist(フェミニスト)

知らない人のためにSexist(セクシスト)とFeminist(フェミニスト)についてざっくりと説明します。これは英語、英語圏の文化など割と大きな範囲でコンセプトとして共通認知されているものです。Metooハッシュタグのセクハラ騒動や事件などのこともものすごく元を辿っていけばこうした意識につながるかもしれません。いずれにせよ、外国人と仕事をしたり顧客として喜んでもらうには今や必須といってもいいくら... » Read More

外国人顧客へのコンテンツライティングで大切なこと

英語ウェブサイトやインターネットそのものを利用して外国人顧客とのビジネスや海外へのマーケティング、あるいは訪日、在日外国人の集客を行う上では、どうしても、グローバルな感覚が必要になります。そうしたことを踏まえた上での日本人独特の感覚はアイデンティティとしてユニークさにもなりえますが、欧米に代表される海外の文化、特にフェイス(Faith)の違いへの理解は言語の壁以前に避けて通れない大切なことです。... » Read More

ビジネス英語が英語サイトやコンテンツに不要な理由

必要に迫られて急に英語を勉強してビジネスで使う必要がある、など、そういう類の方々は気のすむまで、いわゆるピカピカのビジネス英語やビジネス英会話と呼ばれるものを習得したらいいと思います。しかし、それで英語ウェブサイトやコンテンツ、マーケティングが出来るわけではありません。... » Read More

善意の協賛、共感を募る集客はブランディングにつながる

慈善事業を行う以外にも、人の善意をまとめる、善意の協賛や共感を募る集客方法によっても可能です。具体的には、購入者に対して、割引やギフト、特典といったものを提供する代わりに、社会的意義のある慈善活動への寄付を募る、または寄付を約束することで、アクションへの動機づけを行います。... » Read More

エクスクルーシブ(排他的)契約・取引権利の提案

主にB2Bで活用しやすいマーケティング方法で、競争の激化する業界、商圏の中で、ある範囲においては特定の顧客企業とだけ取引を約束し、顧客企業の競合他社とは同一圏内において取引しないというエクスクルーシブ(排他的)契約・取引の権利を付与するオファーする方法です。... » Read More

競合からスイッチしてもらうマーケティングオファー

ライバルの競合商品、競合するサービスから乗り換えてもらうことに対してインセンティブ(主に割引)を提案するとアクションへの動機づけともなります。主にスイッチキャンペーン等として活用され、ライバルとの比較検討を行うユーザーに対して魅力的な動機づけになります。 ... » Read More

第三者の推薦によるマーケティングの取り組み

関連会社、アライアンス企業、タイアップ等、自社以外の外部の信頼ある第三者の信頼を利用させてもらい、具体的にアプローチまでしてもらうマーケティングの取り組みがあります。顧客にとって既に信頼のある人からの後押しをしてもらえるため、やり方によっては効果的な集客方法です。... » Read More

無料プレゼントによるコンバージョン率アップ

無料プレゼント、無料ギフトがコンバージョン率アップのためのオファーになるのはよく知られていることですが、その本質的な意味をきちんと理解して無料プレゼントをしている売り手はそう多くありません。無料ギフトのオファーは、無料でギフト(プレゼント)を提供することで、コンバージョンアクションを顧客に踏み出してもらうための動機づけというのがが基本的なコンセプトです。... » Read More

ネットショップ運営のポイントとは?

ネットショップ運営をしていると様々な気付かなかった出来事があります。返品、クレーム、商品の発送、交換等々、ネットショップ開業、ネットショップ作成はポイントさえ外さなければ簡単ですが、運営がうまく動き始めてからこそが本当の勝負です。 ... » Read More