顧客とのコミュニケーションチャネルを構築する

コンテンツマーケティングせよ、ダイレクトコミュニケーションにせよ、ハウスリスト(あなたのビジネスだけが保有するあなたのビジネスだけの顧客リスト)はユーザーとのコミュニケーションチャネルの内、何かしらを預かることで作成されはじめます。... » Read More

顧客とのコミュニケーションでサイト売上は変わる

ウェブマーケティング活動においては、直接取引に結び付かずともサイトへアクセスをしてくれたことにより、それまで全くの他人だった人との接点が生まれます。接点が生まれた人は知人となり、共有する時間が重なり、相互理解が進むことで、友人、親友等と関係性が深まっていくことがあります。... » Read More

フォローアップ型オファーで売上の上がるホームページに

動機づけとなるオファーには、マーケティングモデル自体に組み込み、フォローアップを含めて仕組みとして動かすことで、より功を奏すものがあります。あなたのビジネス、マーケティングモデル(フォローアップ体制)に照らし合わせながら、活用できそうであれば、工夫して、ホームページなどで訴求してみましょう。単純なコンバージョンアップに留まらず、うまく仕組みとして動かすと、継続的な収益アップにつながります。... » Read More

コンバージョン率アップのための具体的な方法

リスティング広告などの先にあるホームページに初めてアクセスしたユーザーは、何かを訴求されることで、最後に何らかのアクションを行います。これがコンバージョンです。必要な要素については、複合的に絡み合うものですが、最後の最後、ユーザーがアクションを取ろうという瞬間に手助けとなるのが、「動機づけ」と呼ばれる要素です。... » Read More

広告の効果測定で広告スキルが上がる3つのポイント

ネット集客の場合、基本的にはどのような形であっても、自動的に計測されるので、効果測定は容易です。また、広告の効果が数字で分かってくるようになると、予測が出来るようになります。リスティング広告一つとってみても、広告を実行するときに、反応率が分かっているのといないのでは大きく違います。... » Read More

リード(反応率)を高めるリスティング広告宣伝技術

コンバージョンの取れるランディングページを制作しても、そのランディングページに見込客がアクセスしてくれなければ、コンバージョンにはつながりません。ランディングページに着地してもらうには、リスティング広告の反応率を高め、そもそものリード集客数を上げる必要があります。... » Read More

売れるホームページの仕組みは工夫によっても改善出来る

ウェブサイトなどのオンラインでのコンバージョンの形はオフラインとのマーケティングミックスやフォローアップ体制によって、仕組み自体を変えることが出来ます。例えば、問合せという一つのコンバージョンの形があります。しかし、マーケティングモデルを工夫すると、それは、問合せ以外のコンバージョンの形にすることも出来るのです。... » Read More

売れるウェブサイトには売れる仕組みがある

売れるウェブサイトとして成功するためには、できる限り費用効果的に顧客を獲得し、継続させ、売上をあげていくための仕組みが必要です。いわゆる売れる仕組みとも呼ばれるものですが、マーケティングは売れるウェブサイトの仕組みとも大きく関係する、顧客に関するあらゆること、です。... » Read More

ターゲット顧客に伝えるべきセールスライティング

ウェブサイトのターゲット顧客へ伝わるセールスメッセージのもうひとつのポイントは「何を」言うかです。端的に言って、最も、伝えたい人に伝わるセールスコピーやメッセージとは、ベストを尽くそうと最大限の誠意を持って伝える想いです。... » Read More