ビジネス英語での感情表現

英語のテクニカルな点でスピーキングやリスニング、英文ライティングやリーディングがどれだけ出来てもメッセージに内容がなければ英語を使う意味も場面もありません。誰もが英語を勉強し、英語圏の文化を含めて学習していくと次第にわかってくることですが、ビジネスや仕事での英語には論理的思考力や説明力だけではなく、感情表現が不可欠です。... » Read More

Sexist(セクシスト)とFeminist(フェミニスト)

知らない人のためにSexist(セクシスト)とFeminist(フェミニスト)についてざっくりと説明します。これは英語、英語圏の文化など割と大きな範囲でコンセプトとして共通認知されているものです。Metooハッシュタグのセクハラ騒動や事件などのこともものすごく元を辿っていけばこうした意識につながるかもしれません。いずれにせよ、外国人と仕事をしたり顧客として喜んでもらうには今や必須といってもいいくら... » Read More

コンテンツマーケティングによる継続的な交換

ウェブサイトやブログ、あるいはソーシャルメディアなど、形態は何にせよコンテンツマーケティングの一環で情報発信をする際には、ただ情報を発するだけではなく、「継続的な交換」の考え方をもって取り組むと、顧客ロイヤリティが高まるだけではなくビジネスモデルなどのビジネス全体の改善にも貢献します。... » Read More

外国人顧客へのコンテンツライティングで大切なこと

英語ウェブサイトやインターネットそのものを利用して外国人顧客とのビジネスや海外へのマーケティング、あるいは訪日、在日外国人の集客を行う上では、どうしても、グローバルな感覚が必要になります。そうしたことを踏まえた上での日本人独特の感覚はアイデンティティとしてユニークさにもなりえますが、欧米に代表される海外の文化、特にフェイス(Faith)の違いへの理解は言語の壁以前に避けて通れない大切なことです。... » Read More

SEO対策の基礎知識

SEO対策の基礎的な知識はSEO対策の手法やトレンドは、ホームページをビジネスに活用する中小企業、個人事業主の方がホームページへの集客をSEO(検索エンジン最適化)によって行うのであれば、押さえておきたいところです。... » Read More

ビジネス英語が英語サイトやコンテンツに不要な理由

必要に迫られて急に英語を勉強してビジネスで使う必要がある、など、そういう類の方々は気のすむまで、いわゆるピカピカのビジネス英語やビジネス英会話と呼ばれるものを習得したらいいと思います。しかし、それで英語ウェブサイトやコンテンツ、マーケティングが出来るわけではありません。... » Read More

哲学的思考で仕事や人生、ビジネスの価値を高める

哲学的思考とは、哲学的に考えるということですが、そもそも哲学というのが何を指しているのか知る必要があります。哲学とは、簡単に言うと、ある事柄に対して普遍的な原理原則を見つけ出そうとする思考です。したがって、哲学的思考とはある事柄について普遍的な原理原則を見出そうとする思考のことです。... » Read More

ビジネスの成功、継続収益に欠かせないのは顧客理解

顧客についてどれだけの事を知っているでしょう?顧客について知るというのは、顧客について理解するということです。あなたの顧客は何をもってあなたと取引しているのか? 価格なのか? 品質なのか? 人柄なのか? それとも違う何かなのか?あなたの顧客が何をもってあなたと取引しているのかを知り、理解することで、更に顧客との絆を深める事ができ、継続的な収益効率が高まります。... » Read More

善意の協賛、共感を募る集客はブランディングにつながる

慈善事業を行う以外にも、人の善意をまとめる、善意の協賛や共感を募る集客方法によっても可能です。具体的には、購入者に対して、割引やギフト、特典といったものを提供する代わりに、社会的意義のある慈善活動への寄付を募る、または寄付を約束することで、アクションへの動機づけを行います。... » Read More

ニッチマーケットと心のキーワードでネット集客

インターネットで稼ぐには大きなマーケットが必要だからということで、リスティング広告などのネット集客をするにしても検索ボリュームやCPC(クリック単価)に翻弄されてしまいます。SEO対策でも同様ですが、これは小さな起業家であるサイトオーナーには命とりともいえる発想です。... » Read More