初心者のためのGoogleアナリティクスチェック項目とは?

Googleアナリティクスをホームページに導入してアクセス解析を行っている方は多くいます。しかしながら初心者の方はなかなか見方が分からずに、アクセス数くらいしか役に立っていない現状も多くあります。そこで簡単に初心者のためのチェックすべき項目を紹介します。

Googleアナリティクスでまず見ておきたいトラフィック項目

Googleアナリティクスは多機能ですので、多くの項目や解析の仕方が出来ますが、まず見ておきたいのがトラフィックの項目です。ここではまずサマリーを選択し、サイトへのトラフィックが参照サイト(どこかのサイトからのリンクを辿って訪問したアクセス)とオーガニック検索の二項目です。

参照サイトからのアクセス流入はどのようなサイトからリンクが張られているのか、また、トラフィックの増大に役立っているのかを知ることが出来ます。

したがって、例えばディレクトリ登録等をした際に、そのディレクトリ登録が単にランキングアップのためだけでなく、実際に流入を呼んだものなのかどうかまでを知ることが出来ます。

結果、参照サイトからのアクセス流入を見ることで、どのようなサイトからのリンクが実際にSEOではなく自然アクセスとして意味があったものなのかどうかを知ることが出来ます。

オーガニック検索のキーワードの種類はそのままロングテールと直結

次に見ておきたいのがオーガニック検索の中のキーワードの種類です。オーガニック検索とは自然検索ですから実際にSEOとしてどのようなキーワードでアクセスがあったのかを知ることが出来ます。(not provided)は、Googleのプライバシーポリシーが変わったことで、Googleアカウントにログインしているユーザーからのアクセスですが、具体的なキーワードは分からない仕様になっています。

したがって、それ以外のキーワードの種類を見ていくしかありませんが、狙っているキーワードでのアクセス数はもちろんのこと、それ以外の区別しておきたいキーワード種類を把握することも大切な解析の仕方です。これらは現在サーチコンソールの中のクエリでおおよそ見ることが出来ます。

一般的に多いのは、サイト名や企業の場合であれば会社名等がありますが、これはナビゲーショナルキーワードになりますので、肯定的な見方をすれば、ブランディングの第一歩ともなります。しかし、大半は自分でのアクセスや社内からのアクセスが多いのも見逃せないことです。

ナビゲーショナルキーワードの場合、SEO上競合がほとんどいないケースが大半ですので、アクセスが増えたりすることは喜ばしいことには違いなくとも、新規ユーザーを集められているわけではありません。

したがって、ナビゲーショナルキーワードを除外した検索キーワードの種類を見て、どのようなキーワードで自分のサイトにアクセスがあるのかを把握していく必要があります。弱いキーワードを強化するのも、やや強いキーワードを強化するのも考え方一つですが、まずはどのようなキーワードの種類でアクセスが発生しているのかどうかを把握することが最初にアクセス解析上大切なことになります。

GoogleアナリティクスでSEOの効果を把握する以外の解析

前述したのは、まず見ておきたいアナリティクスの項目ですが、これに加えて、コンバージョンにつながったキーワード、コンバージョン率、直帰率等を総合的に見ていくと、以後のサイトの改善に役立ちます。

この辺りになっていくと一つ一つ理解が必要になりますが、まずSEOでネット集客を行おうと考えているのであれば、コンバージョンにつながったキーワード、すなわちトランザクショナルキーワードがどれだったかを把握する必要があります。

狙っているSEOキーワードがそもそもトランザクショナルであればコンバージョンにつながっているはずですが、多くの人はキーワード戦略の時点でトランザクショナルキーワードを読み違えてしまっていることが多く、狙ったキーワードでアクセスがあるのにコンバージョンにつながっていないということが多々あります。

したがって、本当にビジネスに役立っているキーワードは何なのかを把握することが、以後のサイトのSEO改善に役立つGoogleアナリティクスでの、まず見ておきたい項目になります。

まとめますと、Googleアナリティクスで初心者がまず押さえておきたい項目のほとんどは、「トラフィック」という項目の中にあります。アクセス数やユニークユーザー数、リピート比率等は、このトラフィックの項目が把握出来てから解析するようにしても遅くはありません。

Googleアナリティクスは、様々な項目の解析が出来過ぎるのではじめは何をどう見れば良いのか分からない人も多いのですが、これらが、まず始めに把握したいGoogleアナリティクスの項目チェックポイントです。